島津製作所と東北大学は、自然に吐く息(呼気)を用いた新型コロナウイルス検査法の開発に成功したことを発表した。⿐や⼝(咽頭)からの試料採取が不要なため被験者への負担が少ないことや、「得られる情報の豊富さ」などを特徴として挙げている。

新型コロナウイルス対策に向けた呼気解析システム(出所:島津製作所のプレスリリース)

 東北大学が開発した「高性能呼気エアロゾル回収装置」を用いる。5分間の安静時呼吸で、1mL程度の呼気凝縮液(呼気を冷却凝縮し採取した液状サンプル。ウイルスたんぱく質やゲノムRNA、生体由来の代謝物が含まれている)を被験者自身の操作により得られるという。

 注目したいのは、今回の技術を新型コロナ対策にとどまらず、今後は心血管・肺疾患、生活習慣病、動脈硬化、糖尿病などの代謝性疾患、がんなどの診断や健康管理、未病予防にも応用するとしていること。これを「呼気オミックスによる未来型呼気医療」と位置付けている。

呼気医療による個別化未来型医療の確立を目指す(出所:島津製作所のプレスリリース)

 オミックスは、生体分子を網羅的に解析すること。解析の対象によってゲノミクス(関連記事: 【特集】AI×ゲノミクスでがんに克つ)、メタボロミクス(関連記事: 「メタボロミクス」を核に、阪大と島津製作所が協働研究所を開所)、プロテオミクス(関連記事: 病気の“予兆”が分かる「AIプロテオミクス」とは何か)などの分野が知られている。これらの各種オミックス解析情報のデータベースを構築することで、呼気医療による未来型医療の開発を目指すとしている。

 なお、この研究は、2020年度文部科学省第1次補正予算による新型コロナ感染対策事業および内閣官房 新型コロナ対策AIシミュレーション事業の支援を受けて実施されたものである。


(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)