CureAppが開発した治療用アプリ「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」の公的医療保険適用が決定した。2020年11月11日、中央社会保険医療協議会(中医協)が了承し、同年12月1日に保険収載される運びとなった。

 既に2020年8月21日付けで、治療用アプリとして国内で初めて厚生労働省より製造販売承認(薬事承認)を取得(関連記事:CureAppの治療用アプリ、ついに薬事承認を取得)。それを受け、CureAppは公的保険適用の希望を厚生労働省に提出していた。今回はそれが認められたことになる。

 中医協での了承を受けた直後、緊急会見を開催したCureApp 代表取締役社長兼医師の佐竹晃太氏は、正直な感想を漏らした。「治療用アプリの事業を最初に志したのは2013年11月。丸7年の月日を経てようやく保険適用にこぎ着けた。個人的には非常に感慨深いものがある」。

緊急会見に臨むCureAppの佐竹氏(写真:増田 克善)

 同時に、今回の保険収載による価値について次のように述べた。「患者は(医薬品のような)副作用をほとんど気にせず、治療効果を得られる。しかも2割ないしは3割負担で可能になるのは大きな価値がある。医療機関・医師にとっては、エビデンスに基づいて禁煙を専門としない医師においても広く使える。医療機関は経営の観点でもメリットがある。社会的な価値としては医療費の適正化、治療用アプリという新しい産業の創出につながる」。