エーザイは、パーキンソン病患者の生活をサポートするスマホアプリ「PaDiCo(パディコ)」の提供を、2020年11月26日に開始した。無料で利用できる。

 日本ではパーキンソン病患者の数は約20万人と推計され、高齢化に伴い年々増加する傾向にある。治療の基本は薬物療法だが、病気の進行に伴い、薬剤の効果が弱まることで、パーキンソン病の症状が現れて体が動かなくなるなどの「オフ症状」が認められる場合がある。

 オフ症状には、ふるえ(振戦)、筋強剛(筋肉がこわばる)などの運動症状と、便秘や頻尿、発汗などの非運動症状があり、多岐に渡る。このため、その症状を把握することが難しいとされている。これらの症状を早期に把握し、適切な治療を行うことが、病気の進行抑制につながる可能性がある。

アプリ操作のイメージ(出所:エーザイ)

 今回のアプリは、このオフ症状を簡単に可視化できるのが特徴だ。患者自身の簡単な操作でオフ時間を記録し、週単位で可視化でき、月別や年別の平均データも確認することができる。患者の体調や症状をスコア化し、その変化を記録することも可能。これらの記録は、かかりつけ医への正確な情報伝達やコミュニケーションに役立つとしている。

 加えて、症状がつらいときなどに、アプリ内のアクセスボタンを押すだけで、あらかじめ登録された家族などに、SMS機能を通じてメッセージを送ることができる。SOS表示機能、薬剤の管理、パーキンソン病患者へのおすすめの体操などの日常生活に役立つ情報もアプリ内で提供する。


(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)