「1滴の血液からがん検出」――その大規模臨床試験がいよいよ始まる。国立がん研究センター 中央病院 バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室の加藤健室長らの研究グループは、血液検査による簡便で精度の高い乳がんの早期発見方法の開発を目指し、3000人を対象とした大規模臨床試験を2020年12月より全国4道県で順次開始する。

 国立がん研究センターが中核となり、2014~2018年度に実施されたプロジェクト「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」で開発された診断モデルと検出技術を用いる(関連記事:「血液1滴で13種がん検出」、実用化が目前に)。各検診機関で乳がん検診を受診する人の血液検体から、マイクロRNAを測定する。まずは、検出方法の開発が先行している乳がんを対象に実施することになったという。

 今回の研究は、国立がん研究センターを中心に、国立国際医療研究センター、東京医科大学、日本対がん協会、東レの研究者らで構成する。北海道と福井県、愛媛県、鹿児島の各日本対がん協会支部、がん専門病院、大学病院などの協力を得て大規模臨床試験を実施する。

 まずは、各道県の日本対がん協会各支部で乳がん検診を受けた人に協力を求めて血液を提供してもらう。そして、乳がんに関連するマイクロRNAがんマーカーを東レの3Dジーンという技術で測定する。その結果と、実際の乳がん検診(マンモグラフィー)結果、精密検査として実施される乳腺エコー検査結果などを比較分析し、マイクロRNAがんマーカーの性能を評価するとしている。


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)