東京大学グリーンICTプロジェクト(以下、GUTP)とNTTコミュニケーションズは、スマートシティの実現に向けた建物空間の「デジタルツイン」実証実験を2021年3月に開始する。建築物にかかわるBIM(Building Information Modeling;建物のライフサイクルにおいてそのデータを3Dモデルベースで構築管理する手法)データや、センサーなどのIoT情報、位置情報などを提供する各種のデータプラットフォームを活用して、デジタルツインを生成するアプリケーションなどの構築における技術課題やプロセスを検討する。

 デジタルツインは、現実空間(フィジカル空間)を仮想空間(サイバー空間)に再現すること。現実空間にある多様なデータをセンサーネットワークなどで収集して仮想空間に送り、現実空間と同じ状態・状況を再現する。GUTPは、BIMをはじめとした建築物データなどを用いたデジタルツインのアプリケーション構築の研究開発を進めてきた。一方、NTTコミュニケーションズは、同社のデータ収集・蓄積・活用のツールを活用したデジタルツインの社会実装を目指している。

 現在は一般に、デジタルツインのアプリケーション構築における標準化された手法やプロセスは確立されていない。そのため、建築や設計、ビルサービスなどの分野から多くの企業・団体が参画する共創環境を実現するためにアプリケーション構築技術の標準化が急務だという。

 そこで両者は、今回の実証実験を通じてこうした状況の解決を図る考えだ。本実験を踏まえ、将来に向けたオープンな共創を推進するために、技術の標準化に向けた提案を図るとともに、ユースケースの創出や都市課題解決に向けたデータ利活用を推進していくとしている。


(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)