日本メドトロニックは、脊椎固定術に代表される脊椎手術に特化した手術支援ロボット「Mazor X (マゾール エックス)ロボットシステム」の製造販売承認を2021年3月18日に取得した。手術計画の作成から術後のシミュレーションまでを一貫して提供できる。より高い精度での手術手技の実現と、患者へのより良いアウトカムに貢献するとしている。

Mazor X ロボットシステム(出所:プレスリリース)
Mazor X ロボットシステム(出所:プレスリリース)

 脊椎固定術は、変性または変形した脊椎を脊椎固定用材料で固定し脊椎の安定性を高める手術。腰部脊柱管狭窄症や腰椎変性すべり症などの治療として行われている。日本では年間約6万例以上の脊椎固定術が実施されており、このうち60歳以上の症例が約8割にのぼるという。高齢者の人口増加に伴い、脊椎固定術のニーズも増加していくことが予想されている。

(出所:プレスリリース)
(出所:プレスリリース)
[画像のクリックで別ページへ]

 脊椎固定術の手術は、脊椎を固定するためのスクリューを挿入し、スクリュー同士をロッドで連結して固定する。脊椎スクリューを挿入する位置や角度、深さには正確性や安全性が求められるが、患者の解剖学的特徴を把握するには外科医の経験に大きく依存していた。また、脊椎スクリューの挿入位置のずれは、血管および神経の重篤な合併症を引き起こす可能性がある。

 今回のシステムは、術前の患者の画像データから構築した3D画像上で手術計画を作成し、術前計画に基づいたロボットアームの動作により手術器具を誘導する。同時に、3D画像上にリアルタイムで手術器具の位置情報を表示することが可能。治療計画の作成を支援する脊椎の矯正シミュレーションも、ソフトウエア上で行うことができる。

 術者によらず安定的に手術を施行したり、場合によっては難度の高い手術を人の手よりも精密に行ったりできる点もメリットだとしている。既に世界では、累計5万例以上の脊椎固定術で今回のシステムが使用されているという。


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)