医療関連事業者とケーブルテレビ(CATV)事業者など13法人は2021年5月18日、「地域スマート医療コンソーシアム」を設立した。地域住民が自宅で簡単に診療・服薬指導を受けられる、スマート医療の実現を目的としている。

 医療関連事業者が持つ診療・服薬指導の知見と、オンライン診療プラットフォーム事業者やケーブルテレビ事業者の通信機能を連携し、医療分野におけるデジタルコミュニケーションの場を提供する。これにより、スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない高齢者を含めた幅広い年代のユーザーに利用しやすいサービスの普及活動を進めるという。

地域スマート医療コンソーシアム構想イメージ(出所:プレスリリース)

 主な活動内容として掲げているのは次の3つ。
・人材育成・利用者ニーズの発掘などを目的とした調査・勉強会などの開催
・オンライン診療サービスを提供している事業者の商品事例やノウハウ・課題の共有
・ヘルステックを活用した予防医療サービスの展開など、医療DXの推進に向けた取り組み

 コンソーシアムに参画する医療機関・事業者は次の通り(五十音順)。

【医療機関】
千葉大学医学部附属病院 患者支援部

【保険調剤薬局事業者】
ココカラファイン
トモズ
日本調剤

【オンライン診療プラットフォーム事業者】
インテグリティ・ヘルスケア
MICIN

【ヘルスケア関連事業者】
KDDI
住友商事

【ケーブルテレビ事業者】
愛媛CATV
ケーブルテレビ
CCJ
ジュピターテレコム (事務局)
ZTV

 今後、活動の趣旨に賛同する企業・団体など幅広く参加を受け付ける考え。地域スマート医療普及に向けて、業界の垣根を超えた連携を進めていくとしている。


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)