テルモは、血糖値などの情報を管理するアプリ「メディセーフデータシェア」をリリースした。全国の医療機関や糖尿病患者に向ける。素早く、正確に、患者と医療従事者をつなぐことをコンセプトにしたシステムである。

 糖尿病治療では、日々の血糖自己測定記録を正確に管理することが、医療従事者による適切な指導や病状コントロールにつながる。糖尿病は患者の病態に合わせた治療が必要な慢性疾患であり、合併症(網膜症、神経障害、腎臓病、心筋梗塞、脳卒中など)を引き起こす可能性がある。治療の指標として、症状の進行やこれらの合併症の発症を防ぐことが重要であり、そのためには患者が日々の血糖値を適切にコントロールすることが求められている。

 今回のアプリでは、患者が測定した血糖値を入力、または血糖測定器から転送することで、スマートフォンやWebアプリでデータをいつでも、どこでも管理・閲覧できる。入力したデータは、クラウド経由で即時に主治医や家族、他の医療機関と共有することが可能である。

スマートフォン版アプリの参考画面(出所:プレスリリース)
スマートフォン版アプリの参考画面(出所:プレスリリース)
[画像のクリックで別ページへ]

 血糖値以外にも、食事や運動などの生活習慣記録や、他のバイタルデータも記録できる。通信機能を搭載したテルモのHRジョイントシリーズの体温計、血圧計、パルスオキシメータからデータを転送することも可能。こうしたデータを即時に共有することで、患者の状態把握の効率化、オンライン・遠隔診療への活用、正確なデータの取得を容易にし、患者・患者家族・医療従事者が今まで以上に協力し合える環境を作ることを目指す。



(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)