終末期がん患者の倦怠感をはじめとするさまざまな苦痛が、湯船につかる入浴により有意に緩和することが明らかにされた。横浜市立大学医学部看護学科の林ゑり子氏らの研究結果であり、「Journal of Hospice and Palliative Nursing」に9月20日、論文が掲載された。

 終末期がん患者は、痛みや吐き気、倦怠感、不安、抑うつなどを来しやすく、これらの症状は薬剤では十分改善しないことがある。一方、入浴にはストレス解消をはじめとするさまざまな効果があることを、多くの人が体験的に理解している。また日本人にとって、浴槽につかり心身を癒す行為は、生活文化の一部とも言える。

[画像のクリックで別ページへ]

 医学的研究からも、入浴によって痛みや心機能が改善するなどの効果を得られることが示されている。ただし、終末期がん患者を対象とした研究は数少ない。わずかに実施されている研究も、入浴後の患者の感想をまとめた報告などが主体であり、効果を定量的に比較した研究はほとんど見られない。この現状を背景として林氏らは、終末期がん患者に対する湯船につかる入浴の影響を詳細に検討する目的で、以下の研究を行った。

 研究対象は、2018年8月~2019年4月に神奈川県内の病院(単施設)の緩和ケア病棟に入院した患者で、自分ががん終末期にあることを理解していて、意識が清明で落ち着いており(リッチモンド不穏鎮静スケールの0点)、研究参加に同意した75人。入院期間中、患者の希望に応じて湯船につかる入浴が週に1~2回行われた。

 75人中、入院中に浴槽での入浴ケアを受けたのは57人だった。それ以外の患者が入浴ケアを受けなかった理由は、状態の悪化による入浴困難(8人)、患者の拒否(4人)、痛み、吐き気、めまい(各2人)。なお、入浴ケアを受けた群と受けなかった群とを比較すると、年齢や全身状態(パフォーマンスステータス)、がんの部位、食事摂取状況などに有意差は見られなかった。入院日数は前者が平均18.0日、後者が9.5日で、群間差の有意性は境界値(P=0.05)だった。

 入浴ケアを受けた57人は、年齢中央値77歳(四分位範囲70~83)で、男性53%だった。午前10時、入浴の30分後、および午後5時の3回、がんに伴う苦痛(エドモントン症状評価システム改訂日本語版。ESAS-r-J)と、倦怠感(CFS)の評価を行った。なお、ESAS-r-Jは、痛み、倦怠感、吐き気、抑うつなどの9症状を0~10点で判定する(点数が高いほど状態が悪い)。またCFSは15項目で構成されている質問票だが、本研究ではESAS-r-Jとの重複を避け、意欲、注意力、記憶力の3項目のみを評価した。

 入浴日と非入浴日とでESAS-r-JやCFSを比較できたのは、57人中42人だった。午後5時と午前10時のESAS-r-J総合スコアの差を入浴日と非入浴日で比較すると、入浴日の3.46±7.72に対して非入浴日は1.02±11.05にとどまっていたが、有意差は示されなかった〔効果量(ES)0.25、P=0.11)。ESAS-r-Jの9種類の項目を個別に見ると、倦怠感のスコアは入浴日の方が低く、非入浴日に対して有意差が認められた(ES0.35、P=0.02)。

 次に、入浴日の入浴前後で比較すると、ESAS-r-J総合スコアは入浴前の16.6±16.5から入浴後に12.4±13.6へと有意に改善していた(ES0.47、P<0.01)。またESAS-r-Jの個別項目のうち、倦怠感(ES0.40、P<0.01)、不安(ES0.36、P=0.01)、食欲低下(ES0.36、P=0.01)、健康状態(ES0.33、P=0.01)、痛み(ES0.31、P=0.02)、抑うつ(ES0.30、P=0.02)が有意に改善し、特に倦怠感の改善は24人(42%)で観察された。またCFSの3項目は全て有意に改善していた。

 著者らは本研究を「終末期がん患者の身体的・精神的苦痛が入浴により軽減することを示した初の研究」と位置付け、「湯船につかる入浴は、倦怠感を効果的に改善し得る。また、入浴後にはESAS-r-Jスコアが改善することから、浴槽入浴は衛生面だけでなく、症状管理上の意義があるのではないか」と述べている。

[HealthDay News 2021年10月25日]

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)