ヤマト運輸と岡山県和気町は、医療用医薬品や個人向けの処方薬などをドローン配送する実証実験を12月6日から開始する。両者が10月22日に締結した「ドローン輸送に関する連携協定書」に基づき、持続的な医薬品輸送ネットワークの構築に向けて、ドローンの経済的実現性について検証する。

実証実験のスキーム(出所:ヤマト運輸)
実証実験のスキーム(出所:ヤマト運輸)
[画像のクリックで拡大表示]

 高齢化と過疎化が進む地域では、医薬品流通ネットワークの維持が深刻な社会課題となりつつある。中山間部では、オンライン診療が行われても、高齢の患者が処方薬を受け取れないといったこともある。

 和気町は岡山県の東南部に位置し、標高200〜400mの山々に囲まれた自然豊かな町だが、中心部を離れると高齢化による買い物難民や交通弱者が少なくないなど様々な地域課題を抱える。町は2018年からドローンを活用して日用品の配送、林業の資源量調査、行方不明者の捜索など多くの実証実験を行ってきた。また、ドローンの飛行可能区域を整備した「和気ドローンパーク」をつくり、初心者でも気軽にドローンを操作できる場も提供している。

実証実験の飛行ルートと区間(出所:ヤマト運輸)
実証実験の飛行ルートと区間(出所:ヤマト運輸)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証実験は、厚生労働省が2021年6月に通知した「ドローンによる医薬品配送に関するガイドライン」にもとづき、病院・調剤薬局・医薬品卸と伴に行う。まず対象エリアに配達する医療用医薬品を医療品卸のティーエスアルフレッサ(広島市)の物流拠点からヤマト運輸が集荷。その後、ヤマト運輸の赤磐吉井センターから塩田診療所、渋藤医院、日笠診療所へドローンで医療用薬品を配送する。赤磐吉井センターから日笠診療所までの最長区間は17.6kmある。

 一方で、オンライン診療システムによる遠隔診断を実施し、処方薬を調剤薬局から患者宅や老人介護施設にドローンで届ける。

使用する機体とスペック(出所:ヤマト運輸)
使用する機体とスペック(出所:ヤマト運輸)
[画像のクリックで拡大表示]

 検証内容は、医薬品輸送における課題や、離発着時の荷役作業や運行のオペレーションに関する課題の洗い出しのほか、商材や環境に合った機体仕様の見極め、全参画パートナーにとっての経済合理性の確認だ。検証期間は2022年1月末までの計12日間の予定。

 2022年度には有人地帯での目視外飛行(レベル4)が解禁されることから、ヤマト運輸では同年度以降、着陸を正確に誘導するためのドローンポートを使用せず、個人宅へ離発着させる技術の検証や、都市部でのドローンの社会実装に向けた取り組みを進める。将来的には、複数の温度帯における医薬品輸送や、宅急便配送ができるように活用範囲の拡大を目指す。

(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)


出典:「新・公民連携最前線」2021年12月2日付の記事より