朝食に質の高いタンパク質を取ると、認知機能の低下予防につながるかもしれない。その可能性を期待させるデータが報告された。国立長寿医療研究センターと味の素(株)との共同研究による縦断研究の結果であり、詳細は「The Journal of Prevention of Alzheimer's Disease」1月号に掲載された。

 食事として摂取されたタンパク質の中のアミノ酸は、神経伝達物質の前駆体として機能することが知られている。特に、体内で合成できない不可欠アミノ酸(必須アミノ酸)の摂取が、認知機能の維持にとって重要と考えられている。一方で近年、摂取する栄養素の量やバランスだけでなく、それらを「いつ」摂取するかによっても健康への影響に差が生じることが明らかになってきている。これらの知見から、タンパク質の質やその摂取タイミングが認知機能に変化を及ぼす可能性が考えられる。しかしそのエビデンスはまだない。

 この点を明らかにするため共同研究チームは、国立長寿医療研究センターが行っている地域住民対象の長期縦断疫学研究のデータを用いた解析を実施した。2002年5月~2004年5月に研究参加登録された2,378人のうち、ベースライン時に認知障害がなく、データ欠落のない541人(平均年齢68.2±5.7歳、男性47.3%)を解析対象とした。

 タンパク質の質は、「タンパク質消化吸収率補正アミノ酸スコア(PDCAAS)」という指標で評価した。PDCAASは0~100点の範囲で判定され、数値が高いほど必須アミノ酸をバランス良く吸収できる食事であることを意味する。本研究では、ベースライン時に行った3日間の食事調査から、朝食、昼食、夕食、それぞれのPDCAASを算出した。

 一方、認知機能の評価にはMMSEという国際的な指標を用いた。MMSEのスコアは0~30点の範囲で判定され、数値の低さは認知機能の低下を表す。本研究では、軽度認知障害の疑いに該当する27点以下をカットオフ値とした。

 平均4.2±0.4年の追跡で、145人(26.8%)が認知障害を発症した。認知機能に影響を及ぼし得る因子〔性別、年齢、ベースライン時のMMSE、摂取エネルギー量、摂取タンパク質量、BMI、教育歴、うつレベル(CES-D)、高血圧・脂質異常症・糖尿病・脳卒中・虚血性心疾患の既往など〕を調整後、朝食のPDCAASが低いことが、認知障害の発症と有意に関連していることが明らかになった。

 具体的には、ベースライン時の朝食のPDCAASの第1三分位群(PDCAASスコア81.2±13.8)は、第2~3三分位群(同84.2±12.5)に比較して、追跡調査時に認知障害に該当する調整オッズ比(OR)が1.58(95%信頼区間1.00~2.50)だった。その一方、昼食〔OR0.85(同0.54~1.34)〕や夕食〔OR1.08(同0.71~1.65)〕に関しては、PDCAASと認知障害発症との間に有意な関連が認められなかった。

 以上を基に著者らは、「朝食のタンパク質の質が低い食事は、摂取タンパク質量の多寡にかかわりなく、高齢者の認知障害の発症率の高さと関連していた。質の高いタンパク質を含む朝食の大切さを啓発する必要性が示唆される」と結論付けている。なお、PDCAAS第1三分位群の人の朝食は、豆類、牛乳/乳製品、魚介類、卵の摂取量が少なく、一方で穀物、砂糖/甘味料、油脂の摂取量が多かったという。

 昼食や夕食ではなく、朝食のタンパク質の質のみが認知障害の発症と関連していることの理由として著者らは、「朝食は一晩絶食後の最初の食事であり、エネルギー代謝の面で最も重要な食事と位置付けられており、認知機能に関してもその重要性を裏付ける報告がある」と述べている。

[HealthDay News 2022年3月14日]

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)