千葉県御宿町は2022年3月1日、医療機関が患者の来院前にその症状を把握できる「ユビーリンク」を活用する取り組みを開始した。ユビーリンクは、患者がスマートフォンやパソコンで「ユビーAI受診相談」サービスが出す質問に回答すると、医療機関がその回答に基づいて来院前に患者の症状を把握できるサービス。多くの町民のかかりつけ医となっている医療法人社団輝真会 青葉クリニック(御宿町)にユビーリンクを導入して、患者のスムーズな受け入れなど効率的な受診・診療体制の構築を目指す。

ユビーリンクを活用した受診までの流れ(提供:Ubie)
ユビーリンクを活用した受診までの流れ(提供:Ubie)
[画像のクリックで別ページへ]

 御宿町には病院施設がなく、現在、青葉クリニックを含む3つの一般診療所が住民約7000人の健康を支えている。特に新型コロナの感染拡大以降、限られた地域の医療資源を効率的かつ持続的に活用できる受診・診療体制の構築が大きな課題となっていた。

 このため御宿町は、ユビーリンクを提供するUbie(東京都中央区)と地域医療のデジタル化にかかわる包括協定を締結。Ubieが青葉クリニックにおけるユビーリンクの導入から活用までを全面支援することになった。ユビーリンクは本来、患者がユビーAI受診相談の質問に回答すると、その症状に合った近隣の医療機関を患者に提示して、医療機関の予約案内サイトなどに誘導するサービスだ。だが、御宿町では患者がユビーAI受診相談からの約20問の質問に回答すると、その回答結果をUbieと青葉クリニックが事前共有して、青葉クリニックの業務効率化と来院患者一人ひとりへの親身な診療の実現に役立てる。

 御宿町の石田義廣町長は今回のUbieとの包括提携について、御宿町が目指す『生涯活躍のまち』にとって大きな役割を果たすものであり、「今後も様々な分野でのデジタルツールをはじめとする新たな取り組みを推進し、町民がいきいき暮らせる町を目指してまいります」とコメントしている。

(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)


出典:「新・公民連携最前線」2022年3月9日付の記事より