三井不動産および三井不動産ホテルマネジメント、国立がん研究センターは、「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」を2022年7月1日に開業する。公・民・学連携で街づくりを推進している柏の葉スマートシティ内にある国立がん研究センター東病院(NCC東病院)の敷地内に立地。これまで、NCC東病院に連日の通院が難しかった患者や付き添いの家族の利便性の向上を図る(関連記事:病院と宿泊施設の連携で、空間を再定義する 三井不動産、国立がん研究センター東病院と連携する宿泊施設を計画したワケ

NCC東病院の敷地内に立地(出所:プレスリリース、以下同)
NCC東病院の敷地内に立地(出所:プレスリリース、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

地図
地図
[画像のクリックで別ページへ]

 NCC東病院には、毎年国内外から延べ30万人弱のがん患者が来院している。しかし、がん治療は患者にとって心身共に大きな負担となるため、遠隔地に居住する人はNCC東病院の治療を受けたくても通院が難しいケースがあった。今回、病院敷地内にホテルを開業したことで、次の3つの利用シーンをはじめとしたニーズに対応する。
(1)放射線治療で長期通院。治療が一週間程度続く人の利用
(2)治療に付き添う家族の滞在利用
(3)海外から最先端のがん治療を求め、長期滞在・治療される人の利用

 また、患者本人の同意のもと、NCC東病院での診療状況・生活留意事項をホテルでも共有。ホテル滞在中の適切なサービス提供につなげる。24時間体制でホテル専任のケア(介護系)スタッフが常駐しており、客室からケアスタッフにつながる呼出しボタンから体調不良時などに迅速な対応を受けられる。

 患者にセンシングデバイスを貸与するサービスも提供する。具体的には、患者本人の同意のもと、デバイスのバイタルデータを患者の体調管理に活用するサービスや、患者の状態に適した食事を提案するサービスである。

客室スイート(イメージ)
客室スイート(イメージ)
[画像のクリックで別ページへ]

オストメイト対応トイレ(イメージ)
オストメイト対応トイレ(イメージ)
[画像のクリックで別ページへ]


(タイトル部のImage:出所はプレスリリース)