大日本印刷(DNP)は、ヘルスケア領域の情報銀行サービス「FitStats(フィットスタッツ)」を2022年4月に開始する。生活者本人の同意を得て預かる属性情報や、食事・睡眠・運動・メンタルなどのヘルスケアデータを活用して、生活者の属性や興味・関心に合わせて最適な商品やサービスの情報を企業から届ける。

 2021年に業務提携したFiNC Technologiesとの協業によって開発した。生活者のヘルスケアデータなどを独自のアルゴリズムで数値化(スコアリング)し、健康状態を可視化して生活習慣を見直すきっかけを生活者に提供する。FiNCのヘルスケア・フィットネスアプリ「FiNC」内から、誰でも無料で利用できる。

 具体的には、利用者がFitStatsに登録・預託したヘルスケアデータやFiNCアプリのライフログデータをもとに、各人の健康状態をスコアリングして提示する。利用者は、FitStatsが配信する専門家監修の食事・運動・睡眠・カラダ・メンタルの5カテゴリーの「プログラム(ミッション)」に取り組むことで、体と心の両面で健康増進につなげることがでる。

 利用者は、自身の属性や趣味・趣向に関するデータや、食事・睡眠・運動などに関するライフログデータをFitStatsに登録できる。この登録データを自分でどの企業に提供するか選べるため、自ら望んだ企業のみから自身の興味・関心に最適な情報を受け取ることができる。例えば食品メーカーを選んだ場合、提供データから導かれたお薦めの健康食品などが提案される。

 一方、FitStatsを利用する企業は、利用料30万円/月+従量課金という価格体系。企業としては、専用の管理サイトで、利用者の同意のもとで得た食事・睡眠・運動・メンタルなどに関するデータや属性情報、生活習慣、余暇の過ごし方など108項目のパーソナルデータから利用者を分析し、マーケティングデータとして活用することができる。アンケート機能によって利用者のニーズを深堀りすることができ、自社の用途に合わせたデータへ深化させることも可能。これらのデータをもとに利用者をさまざまなセグメントに分類して、一人ひとりに最適なコンテンツを配信できる。

 DNPは今後、FiNCの協力のもと、初年度50万人、2023年度内に100万人以上のFitStats利用者獲得を目指すとしている。


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)