メディカル・データ・ビジョン(MDV)とディー・エヌ・エー(DeNA)は、健康および医療の社会課題の解決のためにヘルスケア事業で協業を検討することで基本合意した。医療ビッグデータ利活用の促進などでの連携を目指す。

 協業検討の骨子としては、(1)両社が蓄積したデータの利活用にかかる協業、(2)健康増進、医療費の適正化に向けたサービス、データなどを活用した協業の2つ。両社がともに医療ビッグデータ利活用を通じて、それぞれが健康および医療の社会課題を解決したいとの思いから今回の協業検討に至ったという。

 MDVが保有する国内最大規模の診療データベースは病院データの3940万人(実患者数、2022年3月末日集計)と健康保険組合データの769万人(同)で構成される。同社は診療データ事業を2008年4月に開始、医療機関から二次利用許諾を得た匿名加工データの集積を続けてきた。2020年4月には健保データの集積も開始。回復期や慢性期のデータも充実し、病院・診療所別の情報のほか、転院先情報も追えるようになった。

出所:プレスリリース
出所:プレスリリース
[画像のクリックで別ページへ]

 DeNA子会社のDeSCヘルスケアは、健保組合や自治体などに提供するヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」を提供。健保・自治体などの合計約100団体・480万人に利用されている。


(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)