経済産業省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2023」(JHeC2023)の応募受付がスタートした。「アイデアコンテスト部門」と「ビジネスコンテスト部門」の登壇者や登壇企業の募集を2022年8月19日(金)の正午まで受け付ける(応募サイトはこちら)。

 JHeCは、「次世代のヘルスケア産業を担う事業者を発掘し、育成する」ことを目的に、2015年度にスタートした。ヘルスケア分野の社会的課題の解決に挑戦する優れた個人・団体・企業などを表彰して社会の認知度を上げるとともに、大企業・ベンチャーキャピタルなどとのビジネスマッチングを促して、支援の拡充につなげる。

2022年1月に開催された「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2022」の様子(写真:寺田 拓真)
[画像のクリックで別ページへ]
2022年1月に開催された「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2022」の様子(写真:寺田 拓真)
[画像のクリックで別ページへ]
2022年1月に開催された「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2022」の様子(写真:寺田 拓真)

 経産省によると、JHeC2023のアイデアコンテスト部門とビジネスコンテスト部門の募集内容、応募資格は下記の通り。

■アイデアコンテスト部門
健康・医療・介護などのヘルスケア領域において、あなたが解決すべきだと考える課題と、その課題を解決するためのアイデアを広く募集。

応募資格:応募時点で法人格を有しない個人(法人所属でも個人参加は可能)

■ビジネスコンテスト部門
健康・医療・介護などのヘルスケア領域において、社会課題を解決し、ヘルスケアの未来を描き実現する新規事業を募集。

応募資格:応募時点で法人格を有する団体

 審査に関し、アイデアコンテスト部門は書類審査と最終プレゼン審査の2段階、コンテスト部門は書類審査、一次プレゼン審査、最終プレゼン審査の3段階の構成となっている。両部門とも書類審査は9月中旬に実施。アイデアコンテスト部門の最終プレゼン審査とビジネスコンテスト部門の一次プレゼン審査はそれぞれ10月19日(水)、20日(木)に行う。ビジネスコンテスト部門の最終プレゼン審査は2023年1月12日(木)に予定されており、そのイベント内で、アイデアコンテスト部門優秀賞受賞者への表彰式も実施する。

 なお、アイデアコンテスト部門の最終プレゼン審査とビジネスコンテスト部門の一次プレゼン審査の様子は、日経BPが10月にオンライン開催する「日経クロスヘルス EXPO 2022」内でライブ配信する予定だ。JHeCのプレゼン審査では毎度、登壇者と審査員との間で激しい「生バトル」が繰り広げられており、今年も熱きやり取りが注目される。

(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)