高齢者は自然と「マインドフルネス」を身につけて、身体的、精神的、社会的に良好な状態を指すウェルビーイングを高めている可能性があることが、フリンダース大学(オーストラリア)准教授のTim Windsor氏らの研究で示された。同氏らが行ったオンライン調査で、若年者と比べて、高齢者にはマインドフルネスの特性がより強く認められたという。研究結果の詳細は「Aging and Mental Health」3月2日オンライン版に掲載された。

 今起こっていることをありのままに体験し、否定せず直感的に知る「マインドフルネス」により、ストレスを軽減し、良好な精神状態を保つことができるとされる。

 今回の研究では、18~86歳の男女623人を対象に、マインドフルネスの特性(今この瞬間に注意を向ける、評価を加えない、受け入れる、執着しない、自己中心的な思考から脱する脱中心化)と目標の柔軟な調整、ウェルビーイングへの意識に関するオンライン調査を実施。その結果、若年者と比べて、高齢になるほどマインドフルネスの特性はいずれも強まっていることが分かった。