定期的なマンモグラフィ検査により、進行乳がんや致死的な乳がんに罹患するリスクを低減できるとする研究結果を、英ロンドン大学クイーンメアリー校のStephen Duffy氏らが「Cancer」5月11日オンライン版に発表した。

 Duffy氏らは、マンモグラフィによるスクリーニングに適格なスウェーデンの女性のデータを用いて、スクリーニングを受けた女性と受けなかった女性を対象に、進行乳がんおよび診断から10年以内に致死的となった乳がんの罹患率を算出して比較した。対象者は総計54万9,091人で、これはスウェーデンでマンモグラフィに適格な女性のおよそ30%に相当する数だという。

 その結果、マンモグラフィ検査を受けなかった女性に比べ、受けた女性は進行乳がんの罹患リスクが25%低く(相対リスク0.75)、診断から10年以内に乳がんで死亡するリスクは41%低かった(相対リスク0.59)。

 この結果を受けてDuffy氏は、「この知見は、乳がんのスクリーニングを受けることで、致死的な乳がんのリスクを大幅に低減できることを示すものだ」と述べている。マンモグラフィ検査を受けることのベネフィットについては、これまで複数の研究で示唆されている。それを、検査を受けたことによる成果ではなく、乳がんの治療技術が向上したことによる成果だと考える専門家もいる。しかし、今回の研究では、研究対象者を同じ時期に追跡しているため、Duffy氏は「経時的な治療の変化による影響は受けていない」としている。