米カンザス大学のLiang Xu氏らが、最先端技術である「ラボオンチップ(lab-on-a-chip)」により、乳がんの検出やその転移を早期の段階で発見できる可能性を、「Science Translational Medicine」6月10日オンライン版に報告した。

 ラボオンチップとは、小さなチップ上に微細な装置を組み込み、その中で反応、分離、分析を行う最先端の技術だ。Xu氏らは今回、マトリックスメタロプロテアーゼ14(MMP14)を分析できるチャネル(流路)を一つ備え付けた、EV-CLUEと呼ばれるチップを使用した。MMP14は腫瘍から放出される酵素の一つで、がんの進行と転移に関連することが示唆されている。EV-CLUEは、顕微鏡のスライドガラス程度の大きさのもので、ナノテクノロジーを使って微量の血液を8つの微細なチャネルに流し込み、がんのさまざまなマーカーを測定する。スキャンに必要な血液は、わずか2μLほどだ。1滴の血液が50μL前後であることを考えると、いかに少量で済むかが分かる。

 MMP14に照準を合わせたこの初期段階の研究では、EV-CLUEにより早期乳がんまたは転移性乳がんを、トレーニング用のグループ(30人)で96.7%、その後の検証用のグループ(70人)では92.9%の精度で検出できた。

 研究チームによると、乳がんは、超早期段階である非浸潤性乳管がん(DCIS)の段階で発見できれば、5年生存率は99%と極めて高い。しかし、DCISが進行してリンパ節に転移すると5年生存率は86%に下がり、遠隔転移が起こった場合は27%にまで低下する。Xu氏は「極めて精度の高いこの技術を用いれば、がんの転移の初期兆候を検出することができる。がんの転移の早期発見は乳がん患者の死亡率を低下させるためには重要だ」と話す。