さまざまな国で新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査が進められている。しかし、その正確性を裏付ける質の高いエビデンスはほとんどなく、特に検査室外で実施するタイプの検査についてはエビデンスが弱いとする研究結果が、マギル大学ヘルスセンター(カナダ)のMayara Lisboa Bastos氏らにより「BMJ」7月1日オンライン版に報告された。

 Bastos氏らは今回、新型コロナウイルス抗体スクリーニングの診断精度を調べるために、2020年1月1日から2020年4月30日までの間に発表された、さまざまな種類の新型コロナウイルス抗体検査の感度と特異度を評価した研究論文を検索し、基準を満たした40件の研究結果についてメタ解析を実施した。なお、感度とは、疾患が陽性であることを正しく判定する確率(真陽性率)、特異度とは、疾患が陰性であることを正しく判定する確率(真陰性率)を指す。

 解析対象となった研究論文で最も多かったのは中国のもので、28件(70%)だった。そのほかは、イタリアと米国が3件ずつ(8%)、英国、デンマーク、スペイン、スウェーデン、日本、ドイツの研究が1件ずつだった。また、これらの論文の半数(20件)は査読を受けておらず、外来患者を対象者に含めた研究は4件だけで、ポイント・オブ・ケア検査(POCT、患者の傍らで迅速診断キット等を用いて行う検査)について評価した研究は、わずか2件にとどまった。

 それぞれの研究結果を統合したところ、抗体検査の感度は、LFIA(ラテラルフローイムノアッセイ)の66.0%からCLIA(化学発光免疫測定法)の97.8%までと、検査法による差が見られた。感度が66.0~97.8%ということは、2.2~34%の人が抗体を持っていても検査で見逃される可能性があることを意味する。一方、特異度でも、96.6%(LFIA)から99.7%〔ELISA(酵素結合免疫吸着アッセイ)〕までと、検査法による違いが見られた。これは、0.3~3.4%の人が、実際には抗体を持っていないにもかかわらず、検査で陽性と判定される可能性があるということである。