ドローンが心停止状態の人を救う日は近いかもしれない。心停止した人のそばに居合わせた人(バイスタンダー)が体外式除細動器(AED)を探すよりも、ドローンで輸送した方が早いという研究結果が報告された。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校のWayne Rosamond氏らの研究によるもので、詳細は「New England Journal of Medicine」9月17日号に掲載された。

 米国では年間約35万件の院外心停止が発生し、その救命率は10%ほどにとどまる。バイスタンダーによる心肺蘇生とAEDによる除細動で救命率は平均2倍に上昇するが、バイスタンダーがAEDを使用する頻度は2%に過ぎない。また、救急隊の到着には平均8分を要している。Rosamond氏によると、心停止発生後は分単位で急激に救命率が低下していくため、できるだけ5分以内に除細動を行う必要があるという。

 同氏らの研究は、ノースカロライナ大学で行われた。心停止患者(マネキンを使用)が大学構内のどこかで発生し、それに対してバイスタンダーが付近のAEDを探して現場に持ち運ぶケース、もしくは電話で救急要請し、それを受けてGPS技術による自動操縦のドローンがAEDを運ぶという二通りのケースをランダムにシミュレーション。心停止発生からAEDが現場に到着するまでの時間を比較した。大学構内を5つのゾーンに分け、建物や送電線、樹木などの障害物や人混みがある状況などの異なる条件の下、それぞれのゾーンで7回、計35回にわたって行った。