子どもの免疫システムを強化したいなら、泥遊びをさせると良いかもしれない。フィンランドの研究で、保育園の園庭を、森の土や植物のある自然豊かな環境に変えたところ、園児の炎症レベルが低下し、免疫機能の改善が認められたからだ。フィンランド自然資源研究所のAki Sinkkonen氏らが実施したこの研究の詳細は、「Science Advances」10月14日オンライン版に発表された。

 近代的な生活と免疫機能の関係については、これまで多くの研究が実施され、その結果が報告されている。例えば、農場での生活経験(特に小児期の)がアレルギーリスクの低下に関連することや、近代に入って普及した抗菌作用のある石鹸の使用や加工肉の摂取、抗菌薬の使用などが、身体の細菌叢の多様性を低下させる可能性が示唆されている。

 そこで、Sinkkonen氏らは、生物多様性を都市の環境に持ち込むことで、子どもたちの細菌叢の多様性が高まり、免疫機能が変化するかどうかを調べる研究を実施した。対象とされたのは、フィンランドの計10カ所の保育園に通う、3~5歳の子ども75人である。Sinkkonen氏らは、これら10園のうちの4園(介入群)には、砂利が敷かれた園庭に森の土や芝生、草を敷き詰め、一年生植物のプランターや子どもたちがよじ登って遊べるブロック状の泥炭を用意した。これ以外の6園は対照群とした。このうち3園は“自然志向の園”として、子どもたちを定期的に近隣の森に連れて行く活動を行った。残る3園は、ほとんど自然のない園庭で通常通りの保育を行った。解析は、介入群と対照群との間での皮膚細菌叢と腸内細菌叢、および血液中の免疫バイオマーカー(サイトカインレベル)について行われた。

 その結果、研究開始から28日後には、介入群の園児の皮膚において、プロテオバクテリアのグループ、中でもガンマプロテオバクテリアの多様性が高まっていることが確認された。プロテオバクテリアは、真正細菌の主要な分類群の一つで、アルファ、ベータ、ガンマプロテオバクテリアなど5つに大別される。このうち、ガンマプロテオバクテリアには、腸内細菌やシュードモナス属など医学的に重要な細菌が含まれる。一方、通常の保育園の園児では、皮膚の細菌の多様性は全般的に低下していた。また、介入群の園児の腸内細菌叢は、毎日森に出かけていた“自然志向の園”の園児の腸内細菌叢に似ていることも分かった。