新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響でさまざまな医療の提供が先延ばしにされた。そんな中、がん治療が4週間遅れると、死亡リスクが6~13%も上昇する可能性のあることが、新たな研究で示された。クイーンズ大学がん研究所(カナダ)のTimothy Hanna氏らが実施したこの研究の詳細は、「The BMJ」11月4日オンライン版に掲載された。

 この研究は、2000年1月~2020年4月の間に発表された34件の研究をレビューしたもので、世界のがんの44%を占める7種類のがん(膀胱がん、乳がん、直腸がん、結腸がん、肺がん、子宮頸がん、頭頸部がん)に関するもの。対象者の総計は127万2,681人に上った。Hanna氏らはこれらの研究データを基にメタアナリシスを実施し、治療の遅れと死亡率との関連を調べた。検討した治療法は、外科手術、全身療法(化学療法)、放射線療法の3種であり、治療の遅れは、診断後の最初の治療(手術、放射線療法、術前化学療法)、または手術後に実施予定であった治療(化学療法や放射線療法)、術前化学療法後の手術の遅れと定義された。

 その結果、4週間の治療の遅れが、死亡リスクの上昇に関連することが明らかになった。外科手術では、治療が4週間遅れるごとにリスクは6%(頭頸部がん)~8%(乳がんの乳房全摘術、または乳房部分切除)上昇した。治療の遅れによる死亡リスクの上昇は、一部のがんに対する放射線療法と全身療法ではより顕著であり、頭頸部がんでの放射線療法の遅れで9%、大腸がんでの術後化学療法の遅れで13%の上昇が認められた。

 また、治療が8~12週間遅れると、死亡リスクはさらに上昇する可能性も示された。例えば、乳がん手術では、8週間の遅れで17%、12週間の遅れで26%、死亡リスクが上昇すると推算された。さらに、COVID-19パンデミックの影響などで、1年にわたり、乳がん患者の手術が12週間遅れた場合の超過死亡者数は、米国で6,100人、英国で1,400人、カナダで700人、オーストラリアで500人と推算された(一次治療の83%は外科手術、治療の遅れがない場合の死亡率12%を前提条件として算出)。