米Amazon社は2020年11月17日、処方薬のオンライン薬局「Amazon Pharmacy」の始動を発表した。米国内で展開する。

 処方薬の購入には、認可された医療機関からの処方箋が必要となる。処方箋は、医療機関からAmazonへ送ってもらうことも、自分で直接送ることも可能である。パソコンやモバイルデバイスからAmazonアカウントで「Amazon Pharmacy」にアクセスし、保険や過去の処方薬などの情報を入力してから、支払い方法を選択する。

(出所:Amazonプレスリリース)

 処方薬を購入する前に、ユーザーは保険適用時の自己負担費用、保険不適用時の費用、Amazon Prime特典を利用した場合の費用をチェックし、ベストな価格を選択してワンクリックですぐに自宅に届けてもらえる(米国では健康保険に加入している場合、保険で賄われる以外に医薬品にかかる付加医療費「copay」というものがある)。薬は目立たないパッケージで希望の住所に配送される。

 18歳以上のAmazon会員なら誰でも利用できる。Amazonプライム会員だと、保険を使わない支払いの場合、2日間無制限の無料配送サービスと、米国の5万店舗以上の提携薬局で購入した場合に最大80%の割引特典が付く(ジェネリック医薬品は最大80%、ブランドの医薬品は最大40%の割引)。

 ユーザーは、オンラインでジェネリックやブランド医薬品の詳細情報や仕様を確認でき、納得した上でいつものAmazonのお買い物と同じ便利さで安全に処方薬を購入できるようになる。

 Amazonのバイスプレジデントであるジャミル・ガー二氏は、「ユーザーの生活をより快適なものにするため、すでに多くの人に親しまれているAmazon Primeのスムーズな買い物体験にAmazon Pharmacyを加え、お得で便利な買い物体験を拡張する。大切な医薬品がより購入しやすくなることに、価値を感じてもらえると思う」と述べている。