毎日の2〜3杯のコーヒー摂取は、心疾患や危険な心拍リズム(不整脈)のリスク低下だけでなく、長生きとも関連することが、3件の研究から明らかにされた。この傾向は、心血管疾患の有無にかかわりなく認められたという。アルフレッド病院およびベーカー心臓・糖尿病研究所(オーストラリア)のPeter Kistler氏らによるこの研究結果は、米国心臓病学会年次学術集会(ACC.22、4月2〜4日、米ワシントン/オンライン開催)で報告される予定。

 1件目の研究は、UKバイオバンクのデータを用いて、心疾患の既往のない38万2,535人の男女を10年間追跡し、コーヒー摂取と心疾患や脳卒中発症との関連を検討したもの。対象者の平均年齢は57歳で、その半数が女性だった。毎日のコーヒー摂取量については質問票の回答を基に、0杯、1杯未満、1杯、2〜3杯、4〜5杯、5杯超の6群に分類された。その結果、コーヒー摂取のベネフィットが最も大きかったのは1日に2〜3杯の摂取で、冠動脈疾患、心不全、不整脈、全死亡のリスクが10〜15%低下することが明らかになった。また、脳卒中や心臓関連死のリスクが最も低かったのは、コーヒーを1日に1杯摂取している人だった。

[画像のクリックで別ページへ]

 2件目の研究では、試験開始時に心血管疾患の既往があった3万4,279人を対象に、1件目と同様の検討が行われた。その結果、1日に2〜3杯のコーヒー摂取はコーヒーを全く摂取しない場合と比べて、死亡リスクの低下と関連することが示された。また、心房細動や心房粗動患者では、コーヒー摂取の及ぼす影響がしばしば懸念されるが、この研究では、コーヒーの摂取量にかかわりなく、心房細動や心房粗動などの不整脈のリスクがコーヒーの摂取により増加することは確認されなかった。1日に1杯のコーヒーを摂取する心房細動患者では、コーヒーを摂取しない人に比べて、死亡リスクが20%近く低いことも示された。

 3件目の研究では、摂取するコーヒーの種類(インスタントコーヒーか豆を挽いたコーヒー、カフェイン入りかカフェインレス)により心血管疾患のリスクとの関連に違いがあるのかが検討された。その結果、豆を挽いたコーヒーかインスタントコーヒーかにかかわらず、1日に2〜3杯のコーヒー摂取は、不整脈、冠動脈の閉塞、脳卒中、心不全のリスク低下と関連することが明らかになった。また、死亡リスクの低下は、検討した全種類のコーヒーで認められた。さらに、カフェインレスのコーヒーの摂取は、不整脈のリスク低下とは関連していなかったが、心不全以外の心血管疾患の発症リスク低下と関連していた。Kistler氏は、「この結果は、コーヒーを飲むのならカフェイン入りの方が好ましいことを示している。カフェインレスコーヒーを選んだからといって、カフェイン入りコーヒーを摂取した場合よりも心血管疾患にベネフィットがもたらされるわけではない」と述べている。

 以上のような結果からKistler氏は、「コーヒーを摂取すると心拍数が上がるため、心臓の問題を悪化させるのではないかと心配する人もいる。しかし今回の研究から、毎日のコーヒー摂取は、心疾患の有無に関係なく、むしろ健康的な食生活の一部として推奨すべきものであることが示唆された。コーヒーの摂取は、無害であるか、あるいは心臓の健康にベネフィットをもたらすかのどちらかだ」と話す。

 今回の研究には関与していない、米Ahmanson-UCLA心筋症センターのGregg Fonarow氏は、「過去のUKバイオバンクのデータを利用した研究では、コーヒーを1日に8杯摂取しても、死亡リスクの低下と関連することが報告されていた。この結果は、カフェインの代謝速度とは関係していなかった。また、摂取するコーヒーが、インスタントコーヒー、豆を挽いたコーヒー、カフェインレスコーヒーのいずれであっても、結果は一貫していた」と説明する。その上で同氏は、「今回の研究結果は、このような過去の研究報告を補強するものだ」と述べている。ただし同氏は、この研究は観察研究であるため、コーヒー摂取の保護効果が証明されたわけではないことも念押ししている。

 なお、学会発表された研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは一般に予備的なものとみなされる。

[HealthDay News 2022年3月24日]

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

[関連情報]

記事原文

HealthDay Newsとは

(タイトル部のImage:Romolo Tavani -stock.adobe.com)