近隣に木が多く植えられた緑の多い場所に住む人は、健康状態が良好で、支払う医療費も抑えられる可能性のあることが、新たな研究で明らかにされた。研究論文の著者である米イリノイ大学アーバナシャンペーン校のMing Kuo氏は、「樹木を単に生活に彩りを添えるためのものとみなすのではなく、必要不可欠なサービスをもたらしてくれるものとみなすべきだ」と述べている。この研究結果の詳細は、「Environmental International」5月号に掲載された。

 今回の研究では、米カイザーパーマネンテ北カリフォルニア病院より取得した518万9,303人の13年間(2003〜2015年)のデータを分析し、自宅周囲(自宅から250m、500m、1,000mの距離)の樹木による被覆率と、その人の支払った医療費との関連を検討した。

[画像のクリックで別ページへ]

 その結果、収入やその他の因子を考慮しても、自宅から500mの範囲に木が少ない地区に住む人では、木の多い地区に住む人に比べて、健康問題が多く、年間の医療費が374ドル(約4万6,750円、1ドル125円換算、以下同)多くかかっていることが明らかになった。これは、避けられる可能性のある医療費が年間およそ1億9400万ドル(約242億5000万円)かかっているという計算になるのだという。

 このような関連は、13年間の医療費、自宅からの3段階の距離それぞれにおける2通りの緑地面積の評価、緊急外来診療や入院などの複数区分の医療費について認められたという。

 Kuo氏は、「この研究では、樹木に関連する医療費削減をかなり過小評価している可能性が高い」と話す。その理由について同氏は、「われわれの研究から明らかになったのは、最も緑の多い地域と最も少ない地域の差だけであり、その間に位置付けられる、小さくても無視できない医療費の差については何も示されていない」と説明する。また、当該地域でカイザーパーマネンテのネットワークに加入していない人のデータも含まれていないという。

 論文の共著者で米クレムゾン大学助教授のMatthew Browning氏は、「緑の多い地域での生活と、短期的・長期的な健康へのベネフィットを関連付ける文献は増えており、今回の研究もそれに新たに加えられるものだ。自然と健康を結び付ける機序は実に多様だが、ベネフィットの理由としては、緑の多い場所にいるとストレスが軽減し、健康的な行動が促進されるほか、空気の質が向上することなども考えられる」と述べている。

[HealthDay News 2022年4月4日]

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(タイトル部のImage:Romolo Tavani -stock.adobe.com)