米国の調査会社CB Insightsはこのほど、デジタルヘルス分野における世界8000社以上のスタートアップ企業の中から有望な150社を選定した「2020 DIgital Health150 Companies」を発表しました。日本から選出されたのは1社。CureAppです。

 昨年の「Digital Health 150」においても、CureAppが日本から唯一の選出でした(関連記事:これがヘルスケア業界を再定義するスタートアップ150社)。同社は今回、2年連続で選ばれたことになります。くしくも、同社の「ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」が、国内で初めて製造販売承認(薬事承認)を取得したばかり(関連記事:CureAppの治療用アプリ、ついに薬事承認を取得)。同社に寄せられる期待は、ますます高まっていきそうです(関連記事:世界が評価するCureApp、だからこそ担う重責)。(小谷 卓也=Beyond Health)


以下では、2020年8月17~21日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)