健康状態を判断するAIが不健康と判断した場合、身長や体重、血圧などの健康診断項目のデータから不健康の判断理由を説明するだけでなく、健康になるための最善策を提示する──。富士通研究所と北海道大学は、そんな特徴を持つ新たな「説明可能なAI」を開発したと発表しました。

 AIの普及が進む中、AIがなぜその答えを導き出したのかについての「説明」を求められる場面が増えています。従来の技術では、「これをしておけば良い結果が得られた」という仮定の改善項目は示せるものの、判断結果を改善していくための具体的な手順などは提示できませんでした。

 疾病リスクを下げるには、どんなアクションが必要で、それをどういう手順で行っていけばいいのかが分かる今回の新技術は、患者の行動変容を促すツールとして注目されます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年2月1~5日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)