湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)は2021年2月10日、クラウドファンディングを活用した研究資金調達「アイパーク クラウドファンディング」第3号プロジェクトを開始しました。同ファンディングは、ヘルスケア分野における研究成果の実用化を目指している研究者に対して、資金調達のサポートを行うもの。寄付金は、目標額に達した場合にのみ受け取れることになっています。

 今回のプロジェクトの対象となっているのは、北里大学メディカルセンター、福山隆上級研究員の手によるもので、研究タイトルは「がんの手遅れをなくしたい―血液診断ですべてのがんに早期発見を―」。がんになる前の予兆として体内に産出されるタンパク質「KK-LC-1」が、血液中にどの程度あるかを測るキット開発のための研究資金570万円の調達を目指し、一般から支援を募っています。

 過去2回行われたプロジェクトの研究タイトルは、第1回が「副作用の少ない癌治療を、ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で!」で、第2回は「液体肝臓で、フェニルケトン尿症の患者さんに食の楽しみを!」でした。それぞれ目標額(第1回650万円、第2回600万円)を上回る資金を集めました。(江田 憲治=Beyond Health)


以下では、2021年2月8~12日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)