痩せていても発症リスクが知られる糖尿病。そのメカニズムを順天堂大学の研究グループが明らかにしました。日本人の痩せた若年女性(BMI18.5kg/m2未満)は標準体重者に比べて食後に高血糖となる「耐糖能異常」の割合が約7倍高く、その原因としては、主に肥満者に生じると考えられてきたインスリン抵抗性や脂肪組織の異常となる「代謝的肥満」が関与する可能性が高いとのこと。つまり痩せていても肥満者と同様の体質であるというわけです。

 日本は先進国の中で痩せた女性の割合が最も高く、20代女性の5人に1人以上が「痩せ」と判定されています。糖尿病予備軍となるだけに、原因に応じた対策が急がれます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年2月15~19日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)