日本マイクロソフトは長崎大学らと共同で、関節リウマチ患者向け次世代オンライン遠隔診療システム「NURAS(ニューラス)」を開発。実用化に向け3月3日より長崎県五島列島の患者を対象に実証実験を開始したと発表しました。

 NURASは、Mixed Reality(複合現実)と 3D カメラを融合させた遠隔診療システム。非専門医が立体的な動画を撮影できるカメラを用いて患者の患部を撮影すると、遠隔地にいる専門医がゴーグル型のコンピューターを通して、そのホログラム画像を見られる仕組みです。遠く離れていても患者の手がそこにあるかのような臨場感が得られ、専門医は患者と話しながら高い精度での診療が可能になるとのこと。

 離島やへき地は高齢化が進み、都市部との医療格差に苦しむところが少なくない中、医療体制を強化する試みとして注目されます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年3月1~5日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)