オムロンは4月より、英国で高血圧治療における遠隔診療サービス"Hypertension Plus(ハイパーテンションプラス)"の提供を開始したと発表しました。患者が家庭で測定した血圧データや自覚症状を医師と共有できる仕組みで、医師には患者の属性や血圧レベルに応じて最適な投薬プランが自動提案されると言います。薬の選択は、国立医療技術評価機構(NICE)が定める高血圧ガイドラインに準拠。また、服薬後の血圧データから薬の変更が必要になった場合には、アラートが鳴り、新たな投薬プランが示されるそうです。

 英政府から国民医療制度(NHS)で利用できる承認を受け、NHSが運営する地域医療機構CCG(Clinical Commissioning Group)による採用判断のもと、各地域の「かかりつけ医」と呼ばれるGP(General Practitioner)へ導入されるとのこと。

 今回は英国向けですが、日本向け製品が出た場合、2024年からの「勤務医に対する時間外労働の罰則付き上限規制」にも資するサービスとして注目されそうです。 (庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年4月12~16日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)