女性のウェルネス課題の解決・支援事業を行うfermata(フェルマータ)は、東京大学医学部付属病院と研究協力中の医療法人財団小畑会 浜田病院(東京都千代田区)と共同で、おりものの状態から妊娠しやすい時期を測定するデバイス「Kegg(ケグ)」の臨床研究を開始したと発表しました。Keggは膣内に挿入して使用するため、医療機器としての申請が必要。女性の体内では、排卵日が近づくと精子が子宮にたどり着きやすくするためにおりものが多く分泌されますが、この研究はデータを収集し効果を計測することで医療機器としての有効性を実証するために行うとのこと。国内での医療機器認定に向けた第一歩として、注目されます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年4月26~5月7日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)