心電図にAIを適用して、心不全を自動検出し、重症度判定も行う──。SIMPLEX QUANTUMは東京大学と共同で、そんなシステムに関する特許を取得したと発表しました。心不全は、一旦発症すると、再発と寛解による入退院を繰り返す不治の病。そのため、再発を軽度の症状の内に早期に発見し、生活指導や外来投薬治療を行うことが重要となります。しかし、現時点では軽度の心不全の検出は症状のみで判断されるのが実情です。

 今回の特許取得により、心不全発症時に病院受診を促すシステムを構築することも可能になる見込み。医師へ発出される心不全アラートにより、患者に早期受診を促しながら、より早期に治療を行うことができるようになれば、医療関係者の負担軽減や医療費の節減につながるといえます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年5月31~6月4日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)