学研ホールディングスのグループ企業である学研ココファン(東京・品川)は、2021年1月に開始した認知症予防サービス「学研ウェルネスCLUB」を刷新、サイト内容を認知症予防だけでなく「健康づくりの習慣化」を訴求するものにリニューアルし、新たに3コースの導入を始めました。

 同CLUBが提供する主なサービスは、(1)看護職による脳とカラダのオンライン健康相談、(2)認知症リスクチェック、(3)学研企画の脳トレドリル、(4)学研制作の運動動画、(5)脳活性度定期検査、(6)ご利用状況レポートの6つ。コースにより、価格と利用できるサービス内容が異なります。

 従来の利用料は月額5980円(税込み)のみでしたが、新コースでは月額2980円(トライアルコース・税込み)、月額4980円(ウェルネスコース・同)、月額5980円(スペシャルコース・同)からの選択が可能となっています。どのコースが利用者の支持を得るのか、マーケティングの面からも注目されます。(江田 憲治=Beyond Health)


以下では、2021年6月7~11日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)