認知症の拡大を背景に、予防や治療に向けた製品やサービスの開発に取り組む企業が増えています。そんな中、香りを使って認知機能をスクリーニングするキット「ニンテスト」の開発を発表したのが、小林製薬(大阪市)。2021年秋の販売開始に先立ち、第10回日本認知症予防学会学術集会で参考展示されました。

 ニンテストは、評価カップにスプレーした数種類の香料液の香りを被験者に嗅いでもらい、回答から算出したスコアにより認知機能の状態を判定するもの。人間ドック施設や健診センターなどへの導入を目指す予定だといいます。

 認知症の予防には、生活習慣の見直しと早期発見が欠かせません。今回の新製品はもちろん、他社の動向にも注目、期待します。(江田 憲治=Beyond Health)


以下では、2021年6月21~25日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)