人工知能(AI)開発のエクサウィザーズ(東京都港区)は、アステラス製薬、順天堂大学、国立長寿医療研究センターの荒井秀典理事長と共同で、医療従事者向け歩行機能評価アプリを開発し、アプリを活用した高齢者の運動器ケア支援の実証試験を開始したと発表しました。

 同アプリは、歩行動画による歩行機能の自動評価・分析に加え、フレイルや骨粗鬆症など、歩行との関連性が高い疾患の啓発機能も実装。高齢者の運動機能ケアに必要な情報を統合的に収集・記録することで、適切かつ適時的な治療を支援するツールとして活用されることを目指します。

 エクサウィザーズは、AIを用いた社会課題の解決をミッションとするスタートアップ。介護・医療領域においては、介護スタッフの間接業務をAIと音声入力でサポートするアプリ「CareWiz 話すと記録」、歩行動画から歩行者の転倒リスクを解析するアプリ「ケアコチ」などを提供。女優で元アイドル歌手のいとうまい子氏がフェローを務めていることでも知られています。(江田 憲治=Beyond Health)


以下では、2021年8月30~9月3日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)