京都府は、iPS細胞による再生医療の研究開発の加速などを目的とした寄付金を、昨年度に続き、ふるさと納税の仕組みを使ったクラウドファンディングで募集すると発表しました。募集期間は2021年10月1日から2021年12月31日までで、目標金額は2200万円。集められた寄付金は技術開発の他、社会課題解決に取り組むスタートアップの支援にも使われる予定です。

 ふるさと納税は、自分のふるさとや応援したい自治体に寄付ができる制度で、寄付した金額から2000円を引いた額が所得税・住民税の控除対象になります。京都府のプロジェクトへの寄付は、トラストバンク(東京・目黒)が運営するふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」から申し込むことができます。(江田 憲治=Beyond Health)


以下では、2021年10月11日~15日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)