九州工業大学と連携し、視覚障害者が危険なく外に出歩けるよう、歩行アシスト機器「seeker」の製品化を進めているマリスcreative design(本社:東京都墨田区)。2021年3月より実証実験を進める中、新たに、エレクトロニクス商社のマクニカ(本社:神奈川県横浜市)と連携し、早期実用化に向けた取り組みを加速すると発表しました。

 seekerは、センサーが付いたメガネ型の装置と、白杖に取り付ける振動装置からなり、センサーで周囲の状況を検知し、危険が迫ったら白状を揺らして知らせる仕組み。今後、2024年3月のseeker実用化に向け、マクニカのAI専門家組織AI Research & Innovation Hubが参画して、最適な技術の調査・検証を2022年3月までに実施するとのこと。振動で危険を伝える機器は珍しく、注目されます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2021年11月29日~12月3日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)