ファーストスクリーニング、NTTデータMSE、小林製薬の3社は、尿から健康状態を見える化し、健康意識を高めて行動変容を促す実証実験「健康見える化プロジェクト」を2022年4月より順次開始すると発表しました。

 被験者は、ファーストスクリーニングが開発した、数滴の尿から尿中の成分を測定するセンサー「ハカレルシリーズ」を使用して、毎日の健康状態を専用アプリで管理。アプリを通じて提案される食事管理や運動を実施して活動成果を数値で確認することで、健康意識が高まって自発的な行動変容につながるかどうかを実証すると言います。

 健康寿命の延伸に向けては、一人ひとりの健康意識を高め、行動変容につなげれるかが重要なポイント。本プロジェクトがどこまで効果を上げるか、注目されます。(庄子 育子=Beyond Health)


以下では、2022年4月11~15日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)