国内最大規模の診療データベースを持つメディカル・データ・ビジョン(MDV)とネット証券最大手のSBI証券は、糖尿病予防を推進するための連携を開始すると発表しました。

 連携のプラットフォームとなるのが、MDVが開発・提供する糖尿病AIアプリ「dAlbet(ダイベット)」。dAlbetは、利用者自らが血液検査の数値を入力することで糖尿病のリスクなどが画面表示される他、生活改善策などが示されるスマートフォンアプリ。SBI証券の口座保有者にメルマガなどでアプリの告知を行い、ダウンロードと活用を促すのが基本的なスキームです。

 ちなみに、SBI証券の証券口座数は約845万口座。口座保有者は、必要な手続きを行うことで、同アプリから自身の金融資産情報も確認できるようになります。

 診療データベース会社と証券会社による糖尿病予防は、意外な組み合わせに映るかもしれません。しかし、「健康」と「運用」には、長期的視野と継続性が大切という共通点もあります。ヘルスケアと金融で、今後どんな異業種連携が生まれるのか、注目しています。(江田 憲治=Beyond Health)


以下では、2021年7月4~8日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jeancliclac -stock.adobe.com)