仕事などで外出する親たちを介した、新型コロナウイルス感染の家庭内感染の増加が懸念されています。今回はそんな家庭内感染を防ぐ3つのテクノロジーを紹介します。1つは、外から部屋の中にウイルスを持ち込まないように靴底を殺菌するフットウエア除菌装置。靴のまま装置に乗ると、オゾン+紫外線C波(UVC)の光が下から靴に目掛けて照射され、8秒でウイルスを死滅させることができます。2つ目は、部屋の空気中のコロナウイルスを90%破壊する新型空気清浄機。3つ目は、紫外線の中で最も殺菌効果が高いUVC光、ダブルモーターブラシを備え、数秒でバクテリアやウイルスを除去するUVアレルゲン掃除機。眼に見えないウイルスと闘うための様々なツールを活用することで、自宅や学校、オフィスなどを通常の安心な空間に戻すことを目指します。


以下では、2020年5月4~8日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・フットウエア除菌デバイス、8秒でコロナウイルスを死滅
  •  新型コロナウイルスが出現する前の2019年秋、起業家歴30年のベテラン、エド・マーセリノ氏が米国でBe U.V. Well社を設立した。この企業は、既にその頃から感染予防テクノロジーに目をつけ、オゾン+UVC(紫外線C波)のコンビネーションによる高性能の除菌技術で特許を取得。今回、同社が開発した「Footwear Sanitizing Station(FSS)」というフットウエア除菌デバイスの効果を試したところ、ヒトコロナウイルス(229E株)を8秒で死滅させることが分かった。

    Footwear Sanitizing Station(FSS)(出所:Be U.V. Well社プレスリリース)

     研究を行ったのは、カナダのCREM Co研究所。FSSはコロナウイルス229Eだけでなく、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や真菌類を数秒足らずで99.999%除菌することが確認された。私たちは気づかないうちに病原体の運び屋となり、医療施設や研究所、食品処理場、清潔な部屋に持ち込んでしまうことがある。これらの菌はまず靴を通して地面に付着し、あっという間に手の届く範囲に広がり、人間の手から顔、そして身体の中に入る様子が様々な研究で確認されている。

     病原体の封じ込めが感染予防の鍵である。病院や高齢者施設などのハイリスクエリアの玄関先にFSSを設置して、施設に入る前に訪問者の靴に除菌光を照射してしっかり殺菌し、病原体の侵入を防ごう。FSSは靴カバーの除菌にも使用することができ、靴カバー替わりともなる。足元から安全を確保する強力な透明のバリアとして、脚光を浴びそうだ。
    PathO3Gen Footwear Sanitizing Station, distributed by Be U.V. Well, eliminates Coronavirus 229E in 8 seconds

  • ・あらゆるウイルスを90%破壊する最新空気清浄テクノロジー
  •  屋内空気清浄テクノロジーのリーダー、米HiTech Air Solutions社の新たな空気清浄機が、コロナウイルスを90%破壊することが分かった。第三者機関であるMicrochem研究所がこの空気清浄機を用いた実験を行い、シャーレに入ったコロナウイルスをたったの1時間で90%破壊することが証明された。コロナウイルスだけでなく、他の種類のウイルスに対しても同様の結果が出た。

     新型コロナウイルスは私たちの日常を180度変え、その影響はまだしばらく続きそうだ。この新たな空気清浄テクノロジーは、家の中や人が大勢集まるオフィスなどの空気を99%清浄し、これから通常通りの生活に徐々に戻るためのサポートとなる。この空気清浄機は、私たちが毎日吸い込むカビやバクテリア、ペットのフケ、その他のウイルスも破壊する効果がある。ウイルスにおびえることなく自信を持って通常の生活に戻り、部屋の中で安心して過ごすためには、ポジティブな思考で新たな方法を一つひとつ試しながら、前進するしかない。
    Lab Test Results Show That New Air Reactor Technology Destroys Coronavirus

  • ・レイコップのUVCがウイルスを死滅
  •  紫外線C波(UVC)がインフルエンザなどのウイルスを死滅させることが、北里環境科学センターの新たな研究で分かった。本研究はUVアレルゲン掃除機のメーカーであるレイコップ・ジャパン株式会社が委託し、今回注目したUVCの波形が紫外線A波(UVA)や紫外線B波(UVB)とは異なり、ウイルスへ最も高い効果を発揮することを突き止めた。

    UVアレルゲン掃除機(出所:RAYCOP社プレスリリース)

     RAYCOP社は免疫学者のマイケル・リー博士が設立し、家庭の中のアレルゲンを除去し、患者が薬を服用しなくても症状が表れないようにする製品を提供している。同社が開発したRayCleanテクノロジーはウイルスや細菌、イエダニなどの有害微生物を99.9%除去することができる。

     RAYCOP社のUVアレルゲンハンドクリーナーRNは4段階のフィルタリングシステムを搭載。高性能空気清浄機、UVC光、ダブルモーターブラシを備え、数秒で布生地のバクテリアやウイルスを除去できる。UVCはイエダニの卵の孵化を抑える効果もあることが分かり、家の中のイエダニの数を減らすことができる。リー博士は「ステイホームを通してウイルスから身を守らなければならない今、家の中から健康に保つことが最重要だ」と語る。
    RAYCOP Products' UV Sanitizing Light Kills Viruses and Bacteria

  • ・肌の光老化を防ぐバイオセルコラーゲン
  •  活性2型コラーゲンとコンドロイチン硫酸塩、ヒアルロン酸を調合した、「バイオセルコラーゲン」という複合健康サプリに関する最新の研究結果が発表された。このサプリを毎日摂取した人は、サプリを全く摂取しなかった人に比べて主に紫外線B波(UVB)によって起きる光老化が抑制されたそうだ。特に皺や経皮水分喪失量が著しく減り、肌の弾力とヒアルロン酸含有量が増加するという、見た目にも明らかに分かる違いが出た。

     光老化とは慢性的なUVAとUVBへの暴露によって皮膚が変化すること。肌の変化の90%が光老化によるものだそうだ。肌栄養学の専門家であるブルック・アルペルト博士は「私たちは皆紫外線にさらされているものの、栄養サプリの摂取によって光老化を抑制する研究はほとんど行われていない」と語り、バイオセルコラーゲンの可能性に期待をかける。

     より健康的な肌を手に入れたいと願う人にとって、サプリは安全で侵襲性のない効果的な方法として毎日の習慣に取り入れたいアイテムだ。バイオセルコラーゲンは20年間の研究や臨床試験で、肌や関節、結合組織を若々しく保つ効果が実証されている。男性も女性も、日焼け止めとセットでこの科学的裏付けのあるサプリを毎日摂取し、永遠に輝く素肌を目指したい。
    Study Shows BioCell Collagen Ingestion Reduced Signs of UVB-Induced Photoaging, Which Accounts for a Significant Amount of Visible Skin Damage