新型コロナウイルス感染症の脅威と闘い続ける私たちにとって、力強い味方となる新テクノロジーが登場しました。空気の質や利用者の代謝をセンサーで計測し、自動で換気をしてくれる世界初の能動的マスクです。99.9997%という高いフィルタリング機能も付いており、フィルターは紫外線C波(UVC)でセルフ殺菌され、1カ月間利用できます。素材が透明なシリコンであるため、マスクを着用したままスマートフォンの顔認証ができる点も便利。攻めの守りで、利用者をがっちりサポートします。


以下では、2020年5月11〜15日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【プロダクト/サービス】【ビジネス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【プロダクト/サービス】

  • ・世界初! 殺菌・換気機能付き透明マスク、再利用も可能
  •  米国デトロイト市にあるRedcliffe Medical Devices社が開発した、透明マスク「LEAF」シリーズは、最先端のN99+HEPA-Carbonフィルタリングを備え、オプションでUVセルフ殺菌とアクティブ換気機能を選べる。その名の通り、LEAFは自然の葉っぱの蒸散作用を基にデザインされ、コンパクトながら高性能だ。

    「LEAF」(出所:Redcliffe Medical Devices社プレスリリース)

     マスクの素材は柔らかく、難燃加工とくもり止め付き。紫外線をカットする再利用可能なシリコンを使用する。LEAFの3つのシリーズの1つ目は、除去率99.9997%、0.3ミクロン対応の高いフィルタリング機能を持つLEAF-HEPA。2つ目は、フィルターを再利用して使用できるよう、UVC(紫外線C波)の殺菌機能を持つLEAF-UV。病原体を光の速さで除菌し、マスクを1カ月間繰り返し使用可能だ。

  •  3つ目は、換気の状態と空気の質をセンサーで計測するLEAF-PRO。利用者の代謝をAir-Managerと呼ばれるスマホアプリで感知し、自動でLEAF-PROマスクの換気システムが起動されるという優れものだ。LEAFがマスク界のプライベートジェットと称賛されるゆえんだ。COVID-19対応マスクのゴールデンスタンダードを目指し、マスクが進化する。
    LEAF - Self-Sterilizing, Transparent N99+ Mask; face unlocks smartphones

  • ・救急車よりも早く、ドローンが心臓発作現場にAEDを届ける
  •  スウェーデンの自動ドローンテクノロジー企業大手のEverdrone社が、緊急の心停止が発生した現場へAED(自動体外式除細動器)を配送するサービスを開始した。空の最短ルートで救急車よりも早くAEDを届け、救急隊員が到着するまでの間に、近くに居合わせた人たちで命をつなぐ時間を確保する。AEDの使い方は、遠隔からオペレーターが指示する。

     欧州では、年間27万5000人が心停止を起こし、無事に回復するのはそのうち10%と少ない。研究によると、発作の最初の数分の間にCPR(心肺蘇生法)と除細動を開始すれば、生存率が70%まで上がることが分かっている。このドローンによるAED緊急配送サービスは、Everdrone社とスウェーデン国立緊急コールセンター、SOSアラーム、カロリンスカ研究所蘇生科学センター(KI)との共同臨床研究の一環。スウェーデンで人口第2位の規模を誇るヨーテボリ地方の8万人の居住者に対してサービスを2020年6月に開始し、9月に終了する予定だ。

     ドローンは指定場所に配置され、緊急コールを受け取ると直ちに半径6km圏内の現場へ飛び立つ。ドローンは到着すると30m上空を旋回し、巻き上げ機を使ってAEDを地上へと安全に下ろす。世界初の試みが成功すれば、2021年にはスウェーデン国内と欧州の他地域でもドローン活用が広がりそうだ。
    Autonomous Drones are Now Delivering Defibrillators to 80,000 Residents in Sweden

  • ・ウルトラワイドバンドでソーシャルディスタンス強化
  •  ソーシャルディスタンスを安全に確保するためのウエアラブルデバイスがイタリアに登場した。「Safe Spacer」と呼ばれるこの軽量のデバイスは、これから工場や公共施設が再開する際、職員や訪問者がウイルス感染を恐れず、安心して活動するためのサポートとなる。

    「Safe Spacer」(出所:IK Multimedia社プレスリリース)

     Safe Spacerはウルトラワイドバンド(UWB:超広帯域無線通信)技術を利用。UWBは電波妨害に強く、消費電力が非常に少ない上、Bluetoothの10倍以上といわれる高精度の測定を可能にする新テクノロジーだ。充電電池式でワイヤレスなため、使用感も快適だ。他のSafe Spacerデバイスが2m圏内に接近すると画面表示かバイブするか、または音声アラームで知らせ、ソーシャルディスタンスをしっかり確保できる。

     学校や病院、スポーツジム、美術館、ホテル、カジノなど多くの場所で使用が可能だ。迅速に消毒でき、ウォータープルーフ。全てのデバイスに個別のIDタグとビルトインメモリーが内蔵され、職員の接触状況を後でたどることができる。iOSかAndroidのアプリを使えば、IDと職員の名前を紐づけ、日々のデータを安全に記録、エクスポート、アラーム設定などができる。SafeSpacerを開発したのはイタリアのIK Multimediaという企業で、iPhone、iPad、Mac/PC用の音楽制作ハードウェアとソフトウエア製品のリーダーだ。どの職場でも簡単に導入できる安全なソリューションが、工場の再開を援護する。
    Safe Spacer™ wearable social distance monitor/alarm helps keep people safe and workplaces or public spaces open