流行のピークは過ぎたとはいえ、まだ予断は許されない新型コロナウイルスパンデミック。無人の検温・消毒設備や受付窓口のタッチレススクリーンなど、緊急事態宣言が解除された後もソーシャルディスタンスを確保したり社内感染を防ぐことで全員出社や職場復帰を支援する製品やサービスの需要が伸びています。新型コロナウイルスに万一感染してしまった場合のために、自宅でも使える携帯式酸素濃度管理デバイスや、病院から退院後にダメージを受けた肺の回復を促進するリモート肺機能リハビリテーションプログラムなども登場しています。社会不安が高まるなか、ストレスや不安の根源を教育によって絶つ3日間オンライン講座や、自作可能なストラップレスマスクにも注目です。


以下では、2020年5月18〜22日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・無人の検温・消毒キオスクやタッチレススクリーン
  •  ソーシャルディスタンスの次の注目ワードは、「バック・トゥ・ワーク (back to work:職場に戻る)」。企業活動が徐々に再開される中、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の再流行を抑えるためには、職場に何らかの感染チェックシステムの導入が求められる。米Kiosk Manufacturer Association(KMA)は世界中のキオスク端末(セルフ注文・決済端末)やセルフサービス技術を運営する400以上の企業が加盟する団体。検温などのための新たなテクノロジーやリソースを提供しており、小売りやテーマパーク、ヘルスケアなど様々な業界が無事に活動を再開できるよう支援する。

    検温キオスク(出所:米Kiosk Manufacturer Associationプレスリリース)

     KMAは25種類以上のソフトウェアやハードウェアなどのソリューションを無償もしくは割引価格で提供する。検温キオスクや消毒キオスク、新たなタッチレス・ノータッチスクリーン、UVC(紫外線C波)やCOVID-19関連ソフトなど様々だ。KMAマネジャーのクレイグ・キーフナ―氏は「無人サービスを取り入れたいという要望が増加し、建物などの受付窓口に人と機械がやり取りするための装置(HMI:ヒューマン・マシン・インターフェイス)を多くの企業が選ぶようになってきている。今は人と人の接触を可能な限り最小限にとどめることを最優先する必要がある」と話す。
    New Options for Temperature Check Verification and No-Touch Touchless Touchscreen Technologies and Resources Available From Kiosk Manufacturer Association

  • ・携帯式酸素濃度管理デバイス、米国で4300%の需要増
  •  新型コロナウイルスのパンデミックの最中、需要が急増している製品がある。米Oxygen Plus社が開発した携帯式酸素濃度管理デバイスだ。デバイス名は社名と同じ「Oxygen Plus」。3月から4月にかけて4300%需要が伸びている。COVID-19は呼吸器を攻撃する感染症であり、息苦しさや酸素欠乏などの症状が表れる。

    「Oxygen Plus」(出所:Oxygen Plus社プレスリリース)

     Oxygen Plusは、健康な人の最適な酸素濃度の値を示してくれるレジャー用(医療用ではない)デバイスだ。健康な人の血中酸素濃度(SpO2)は96〜99%といわれており、Oxygen Plusが提供する純度99.5%の酸素を3〜5回ほど目いっぱい吸い込むと、体の中の酸素レベルを適切な値に調整することができる。需要が伸びたのは、このデバイスを使って体の酸素欠乏を検知して管理したいと考える人が増えたためだ。同社COOのローレン・カールストロム氏は「Oxygen Plusは医療用ではないが、侵襲性のないワイヤレスのオンライン携帯式酸素濃度計と一緒に提供し、Oxygen Plusの酸素をどれくらい吸入すればよいかをモニタリングできる。適切な酸素濃度を維持すると体と心の健康につながることを、多くの人が意識するようになってきている」と述べている。
    Oxygen Plus, The Pioneer Of Portable Recreational Oxygen In The USA, Sees Increased Demand Due To The COVID-19 Pandemic

  • ・脳がストレス時代を生き抜くための3日間オンライン講座
  •  世界の人々が突然かつてないほどの孤立感、うつ症状、不安に陥った今、ストレスを緩和して生産性を高め、イノベーションを起こすクリエイティブなソリューションが求められている。そんな中、脳に求められるのは、適応性だ。しかし、逆に心が不安定になる人が急増している。

     米国のニラジ・ニジャワン医師は、ストレスや不安の根源を教育によって絶つ「Life Ecology Organization(LEO)」というプログラムを立ち上げ、何千人もの患者の治療に当たってきた。このたび、この3日間のオンライン教育プログラムを米BankersHub社が配信することが決まった。プログラムの参加者は、人間が「脳をハッキングされる」事例について学習しながら、回復力やリーダーシップを身に付ける。その結果、思考力を改善して不安を軽減し、将来を楽観視できるようになったと報告されている。

     ニジャワン医師は「全ての人の脳には、ピンチの際にすぐに落ち着いて進む方向を変更しようとする能力を有している」と語る。LEOはプログラムの中で人の脳の作用と、なぜ現在の世界的な課題に対応する準備ができていないのかを解説してくれる。解説によると、私たちの脳の下の部位(lower brain)は日々の生存機能をつかさどり、上の部位(higher brain)はより高い意識や精神の安定、喜び、つながり、イノベーションの様々な能力をつかさどるという。いかにしてhigher brainを活性化させることができるかをプログラムの中で学び、脳のコンディションを整えて難局を乗り切ろう。
    BankersHub and Life Ecology Organization (LEO) Launch Online Training to Help People Manage Stressful Times