新型コロナウイルス対策に伴う在宅勤務の実施や、スポーツ・リクリエーション施設の休業により、自宅で過ごす時間が長くなり運動不足を感じている人も多いと思います。そんな皆さんに、ウィズコロナ時代に向けたエクササイズの話題を幾つか紹介します。まずは、ソーシャルディスタンス型のスポーツジム。完全予約システムで人の動線を管理、遠隔コーチングで感染を防ぎます。「自宅でオンライントレーニングを受けたいけど、スペースがない」という人に対し、プロが家の中におしゃれなジムコーナーをデザインするサービスも始まりました。その他にも、マインドフルネス瞑想がウイルス撃退に効果的、アントシアニンがアスリートのパフォーマンスを最大化など、脳と筋肉を活性化して健康を目指す意識も高まっています。


以下では、2020年5月25〜29日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・ジムに通いたい人にソーシャルディスタンス型デジタルジム
  •  各国政府がロックダウンを解除し始める中、スポーツジムも少しずつ営業を再開している。何週間もの間、家に閉じ込められたスポーツ愛好家たちはもちろんのこと、普段特に体を動かす習慣のなかった人たちも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により改めて運動の大切さを実感する機会となった。専門のインストラクターから正しい体の動かし方を指導してもらえるスポーツジムが再注目されている。

    Technogym Mywellness(出所:Technogym社プレスリリース)

     ロックダウンの間にスポーツジム界に訪れた一番の変化は、デジタル化だ。自宅でコーチのサポートを受けながらトレーニングに励めるオンラインフィットネスが一気に利用者を増やした。一方で、イタリアのTechnogym社は「Mywellnessプラットフォーム」を打ち出し、あくまでもジムへ通うことにこだわるアウトドア派の人たちを対象に、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、人と人の間隔を十分に取って安全に運動に専念できる新しいジム環境を提案する。

     この新たなデジタルジムとは、どのようなものだろうか。まず、利用者はジムに行く前に自分専用の運動スポットをスマートフォンからピンポイントで予約し、ジムに着いたらその場所へ行って、好きなだけ運動できる。トレーナーは、遠隔からスクリーンで一人ひとりの運動の様子を見ながらアドバイスや指示を出してくれるので、人との接触を防止。人の安全な動線を確保するためにはジムのレイアウトも入念に設計する必要がある。

     Technogym社のサーキットトレーニングフォーマットである「バイオサーキット」は、その人に合った運動器具やワークロード、ペースや休憩時間などを自動で設定することができ、隣の人との距離を適切に保ちながらパーソナルトレーニングに励むのに最適だ。Technogym社はジムを進化するべく、デジタルコーチング、清掃とメンテナンス、インテリアやマーケティング支援などを提案し、新たな時代に合わせた未来型のジム運営をサポートする。
    Technogym Mywellness: New Digital Features to Assist Fitness Clubs Re-opening Plans

  • ・マインドフルネス瞑想エクササイズでウイルス撃退
  •  5月31日は米国のNational Meditation Day(瞑想の日)だ。この日に合わせ、Legally Mindful社の創設者ゲイリー・パウエル氏が、YouTubeで「免疫が反応する瞑想法」という新たなチャンネルを無料で打ち出す。米国人にアンケートを行ったところ、このまま6月中旬までロックダウンが継続した場合、精神的に限界だと答えたのは72%であり、慢性的なストレスと心労により免疫系にも影響が出ることに懸念が広がっている。

    Mindfulness App(出所:Legally Mindful社プレスリリース)

     同社は既にLegally Mindfulのアプリを提供しており、20分のエクササイズを通してユーザーが体を動かしながら、体の免疫反応の改善を促す。パウエル氏は自らの経験から「体の病気を治すためには、脳をパワフルなツールとして活用することが効果的。当社が提供するエクササイズで、体と脳が一体となり健康にポジティブな効果を発揮する」と説明する。

     近年、「マインドフルネス瞑想」がウイルス感染に対する体の反応や細胞生育力を促す酵素の遺伝子発現を促進することが、ハーバードメディカルスクールをはじめとする複数の研究施設で実証されている。マインドフルネスとは、「今この瞬間を大切にする生き方」として医療や福祉の現場でも取り入れられている人気の瞑想法だ。Legally Mindfulのエクササイズで体のリラックスと脳のポジティブなイメージを体現し、ウイルスに対抗する体の機能を活性化しよう。
    Mindfulness App Creator Offers New Immune Response Meditation Just in Time for National Meditation Day May 31

  • ・ドバイのリゾートホテル、世界最高レベルの衛生基準とは
  •  5つ星リゾートホテルである、ドバイのジュメイラ・アル・ナシームが世界でホテルとして初めて、権威のあるビューローベリタス(Bureau Veritas)のセーフガードラベルを獲得した。これにより、世界最高レベルの衛生基準を宿泊客に保証できるようになった。米ビューローベリタスは試験、検査、認定を行う世界的リーダーだ。各地で営業を開始するビジネスに対し、チェックリストで検査を実施し、健康、安全、衛生の専門家と一緒に国際基準の準拠状況やベストプラクティスとの照合、監査を行っている。

    ドバイのジュメイラ・アル・ナシーム(出所:ジュメイラグループプレスリリース)

     ジュメイラグループは顧客や従業員のための様々な安全対策を導入している。マスクの義務化や日次の検温、衛生に関する継続的なトレーニング、ビーチを含むホテルの敷地内におけるソーシャルディスタンスの確保、プールやジムの衛生、換気、1日3回の消毒剤散布、エレベーターの1回の利用者を1人に制限することなどが盛り込まれている。

     宿泊室は顧客がチェックアウト後3日間は使用禁止とし、消毒剤を部屋全体に散布するなど、衛生管理がこれでもかというほど行き届いている。ホテルの楽しみの一つであるレストランも安全対策として、毎回の食事のたびに消毒を実施。ビュッフェはアラカルトに代替、テーブルとテーブルの間隔を空けて、テーブルには消毒用のアメニティーを配置する。時代に合わせた最高レベルの衛生基準で、リゾートが健康と安全を実現する場所となる。
    Jumeirah Al Naseem in Dubai Becomes First Hotel in the World to Receive Prestigious Bureau Veritas Safeguard Label