健康でいきいきとした生活を送るために、サプリメントを飲む人が増えています。生活習慣病や感染症の予防だけでなく、美容、スポーツのパフォーマンス向上、記憶力サポートなど、様々な目的でサプリを取ることが毎日の習慣となってきています。香港中文大学の研究チームが、新型コロナウイルス感染者では腸内に必要な数種の善玉菌が不足していることを世界で初めて発見しました。そして、腸内フローラを整えるサプリを開発して中国と米国で特許を申請し、体の免疫機能向上によるウイルス感染予防を目指しています。また、在宅勤務などに伴う運動不足が懸念される中、毎日のワークアウトを支えるプロテインサプリをオンラインで提供する企業も現れました。一方、米国で行った調査では、74%の国民がサプリやビタミンの効果に半信半疑であるという結果が報告されています。サプリ市場が賑わう中、質の高い臨床試験が行われているなど成分・品質に関する科学的データを調べ、一人ひとりに本当に必要なサプリを提供する米国企業も登場しています。


以下では、2020年6月8〜12日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【要素技術】【ビジネス】【プロダクト/サービス】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【要素技術】

  • ・新型コロナ感染者の腸内バランスを整える善玉菌サプリ
  •  香港中文大学(CU Medicine)医学部の研究チームが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の腸の中には、フィーカリバクテリウム プラウスニッツィなど複数種類の「善玉菌」が存在していないことを突き止め、消化器関連の国際医学誌『Gastroenterology』に発表した。フィーカリバクテリウム プラウスニッツィ(Faecalibacterium prausnitzii)は1922年に分離・発見された菌で、酢酸から健康に有益な酪酸を産生したり抗炎症作用を発揮し、次世代のプロバイオティクス(有益菌)成分として注目されている。さらに研究チームは、感染患者と感染していない患者を比較する調査を行い、ビッグデータ分析と機械学習により、COVID-19や新たなウイルス感染症に対する免疫力を高めるプロバイオティクス成分を開発。毎日の食事と一緒に取るサプリで腸内環境の異常を整え、感染症に対する体の防衛力を強化することを狙う。

    新型コロナ感染と腸内フローラの関係を明らかにした香港中文大学の研究者(出所:CU Medicineプレスリリース)

     私たちの腸内には500種類以上、数にすると100~1000兆個に及ぶ細菌が常在している。その細菌が種類ごとにまとまっている様子を腸内フローラと呼ぶ。この腸内フローラは、実は臓器と同じくらい重要であり、腸内フローラに異常があると免疫系に大きな影響を与え、感染症にかかりやすくなる。

     中国国家衛生委員会は2020年1月からCOVID-19の治療にプロバイオティクスを使用することを計画しているが、多くの課題に悩まされてきた。ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の多くは胃酸や高温、多湿に弱いという特徴がある上、有効期限が短く、免疫力を高める効果のある菌の種類が限られているなど、扱いづらい理由がたくさんある。善玉菌による治療ニーズに対し、ソリューションが提供できていないという現状を早急に打破する方法が模索されている。香港中文大学は、プロバイオティクスを革新すべく中国と米国の両方で特許を申請中であり、現在バイオ企業や食品企業と協力し、毎日の食事と一緒に取るプロバイオティクス・サプリを開発中だ。感染症予防を腸の健康から実現する大規模な臨床試験も実施されており、結果に期待が寄せられる。PCR検査で体内に新型コロナウイルスが存在することを確認する前に、ウイルスと闘うための善玉菌が腸内に存在しているかどうかも調べておきたい。
    CU Medicine Develops a Probiotic Formula to Target Imbalance in Gut Microbiota in COVID-19

  • ・スポーツサプリのワンストップサービスをオンラインで開始
  •  スポーツ・運動愛好家のあなたへ朗報。高品質の人気サプリやプロテインパウダー製品を1箇所で簡単に購入できるサービスが開始された。2020年初めに米コロラド州で起業したFuel Station社のサービスだ。スタースポーツ選手から、日常的に運動を取り入れてより活発な生活を送りたいと願うサラリーマンまで、全ての人の毎日のワークアウトを支えるサプリを提供する。

     Fuel Station社のゴールは、とにかくお客さんがより簡単に、自分に必要なサプリを自社のウェブサイトで見つけられるようにすること。Fuel Station社が拠点を構えるボルダーという地域は、ハイキングやフィットネスが盛んなエリアで、従業員の多くはハイキングやバイクが趣味。活動的で健康なライフスタイルにぴったりな栄養素を体に補うことを大切に考える。同社のサイトには、プロテイン・フィットネス製品、食事の代わりに取るサプリや減量ドリンク、シェイク、お茶などが豊富に取りそろえられている。一番人気は、25年以上の実績を持つDesigner Wheyというプロテインパウダー。グルタミン、ロイシン、タウリン、フェニルアラニンなど、筋肉の増強と回復を効果的に高める作用がある。製品のパッケージには環境に優しい素材を使用、配送は常に「より早く」を目指して随時見直しを行っている。現在、国際配送を行っていない点だけが残念だ。
    New Online Company Offers One-stop Supplements Solution

  • ・74%の人がビタミンやサプリを飲みつつ、効果に半信半疑
  •  せっかくならば、自分の体にぴったり合うビタミンや栄養素だけを摂取したい。しかし米国で調査したところ、なんと74%の国民が「ビタミンやサプリが広告でうたう効果には、しっかりとした裏付けがないのではないか」と疑いの目を向けていることが分かった。健康とウエルネスへの関心が高まる中、米Life Extension社は、科学的研究に基づいて健康を追求し、ビタミンやサプリの臨床試験を行って提供するヘルスエキスパートだ。「なんとなく良さそう」から「根拠のある選択」へとセルフケアをレベルアップさせる支援をする。

     調査によると、サプリを購入する人のうち42%は原料を調べずに買っているそうだ。また、68%はビタミンやサプリに無駄なお金を費やしているのではないかと疑い、62%はビタミンやサプリを正しく飲まないと副作用があることを認識しつつ、飲んでいる。26%は、服用する量が正しいか自信がない、と回答している。これだけビタミンやサプリが市場に出回る中、中身をきちんと調べずに半信半疑で買って飲んでいる人がいかに多いかが分かる。

     ビタミンやサプリを買う際、最低限調べるべき点が3つある。第三者によって試験が行われているか、認証されているか、製品がどこで製造されているかだ。Life Extension社は自社製品に使用する原料を全てテストし、品質の高い臨床試験で効果が実証されたもののみ使用する。また科学的研究を分析し、最大限の効果を得るための適切な服用量を提示している。同社のウエルネス・スペシャリストが個別にカウンセリングを行い、一人ひとりに最適な製品を選べるパーソナルケアサービスも提供。自分に合ったビタミンやサプリを、自分に合った量で摂取する科学的なアプローチで健康を手に入れたい。
    New Survey Reveals 74 Percent of Americans are Concerned that Vitamins and Supplements are not Backed by Trustworthy Research

  • ・きれいな空気が流れるヘルシー・ビルで過ごすための空気評価ツール
  •  部屋の空気を解析し、空間に潜むウイルスの存在や空気が与える体の免疫系統への作用を評価する、世界初のテクノロジーが開発された。シンガポールの空気品質管理会社uHoo社が開発した、「uHoo Virus Index」と呼ばれるシステムだ。この会社は、身の回りの空気をきれいにすることで世界の死亡率を減らし、人々の生活の品質向上と健康増進を目指している。最近の調査では、88%の人が職場やビルのロビー、レストラン、ホテルなどの公共の場では、大きなスクリーンに、その場所の空気の品質を数値で表示してほしい、と回答した。今、私たちが建物に一番求めるのは「健康に過ごせる空間」であることだ。

    uHoo社が開発した「uHoo Virus Index」(出所:uHoo社プレスリリース)

     このuhoo Virus Indexとは、どんなものだろうか。まず、10点満点で空気を評価し、上から、良い、普通、悪い、最悪、の4つのカテゴリーに分類。それぞれのランクに合わせ、空気の状態によって起き得るリスクや、環境改善の方法などの情報を提供する。uHoo社は、政府や大学、国際医療情報誌などから情報を集め、空気の品質とCOVID-19による死亡率との関連性を調査し、ホワイトペーパーを発表している。

     ホワイトペーパーには、長期間空気汚染にさらされると免疫系統が弱まり、COVID-19による致死率が高くなると書かれている。屋内の空気は、きちんと管理しないと外気よりも2倍から5倍ほど汚くなる。ステイホームを心がける人が増え、職場の感染にも気を遣う必要がある中、屋内のきれいな空気に対する意識は高まり、空調管理の重要性が見直されている。既に多くの家庭や200近い政府機関や企業でグローバルに使用されているuHooだが、ここ3カ月の間に需要は急増している。uHoo Virus Indexを使ってヘルシー・ビルディング、つまりきれいな空気が流れる建物を実現し、ウイルス感染を防いで体の中を健康に保ちたい。
    uHoo Launches the uHoo Virus Index - world's first real-time assessment of virus survival based on air quality

COVID-19による5G(第5世代移動通信システム)への影響とは?

【ビジネス】

  • ・日本人も住みやすいクアラルンプールのラグジュアリー高層マンション
  •  「トレイルブレイザー」とは、未開地などの道しるべとして通った道に目印をつける「開拓者」を指す。海外の土地開発における、そんな「トレイルブレイザー」として名高いKSKLand社が、ついにマレーシア、クアラルンプールの一等地にモダンアーバンライフの新たな提案を打ち出した。世界トップのマレーシア人建築家ハド・ベイカー氏によってデザインされ、ドイツの高級ホテル運営会社Kempinski社が運営するラグジュアリーマンション「8コンレイ」だ。部屋の内装を手掛けるのは、世界屈指のインテリアデザイナーであるスティーブ・ルエン氏とケリー・ホッペン氏だ。

    クアラルンプールに建つ「8コンレイ」(出所:KSKLand社プレスリリース)

     クアラルンプールシティセンターとゴールデントライアングルの真ん中にそびえ立つ8コンレイは、3つの高層ビルからなる。うち1棟はKempinskiの5つ星ホテル、2棟は居住用のマンション、4階建てのショッピングセンターもついている。目玉は26階にあるウォーターラウンジのさざ波プールと、44階のバリの棚田をイメージしたグリーンパーク植物園。大都会のただ中に、ほっとするリラックス空間が突如出現する、憎い演出だ。

     マレーシアといえば、日本人の長期滞在者に人気のスポットだ。2018年10月以降、マレーシアに居住届を提出した日本人の数は2万6500人に上る。ANAが行った調査では、日本人の長期滞在先として11年連続でマレーシアが1位に輝いている。物価の安さ、1年中温暖な気候、そして高い経済成長と人口増加で不動産市場も好調だ。また、日本と比べて不動産所有時のコストが低いため、不動産投資としても人気が高い。コンシェルジュとドアマンは日本語が話せる上、24時間のセキュリティーシステムで守られ、安全対策も万全。のんびり、ゴージャスにマレーシアで健康的な退職ライフを過ごすのも悪くないかもしれない。
    KSK Land's Maiden Project '8 Conlay' Offers a New Way of Living for Japanese-Home Buyers

  • ・COVID-19による5G(第5世代移動通信システム)への影響とは
  •  COVID-19の5Gへの影響、そして今後企業は5Gのユースケースを増やしていけるのか。米国のグローバルテックマーケットのコンサルティング会社ABIリサーチの調査を見てみよう。COVID-19によって自宅で過ごす時間や在宅勤務が増え、データ通信が急増した。そんな中、消費者向け次世代型モバイルブロードバンドとして5Gが活用されるだけでなく、ビジネスにおける5Gの新たなユースケースも増えている。

     まだ世界の10億人以上が、ある程度のロックダウン状態により自宅で過ごすことを強いられている。テレコム会社は、固定・携帯通信ともに通信料が以前と比べ30~40%増加しているという。調査では、通信速度や通信品質の低下など多少ユーザー体験は落ちているものの、何とか通信会社も許容範囲内のレベルでサービス提供を継続できていることが分かった。

     消費者の自信の喪失、サプライチェーンが機能しなくなることへの不安、また通信活動が盛んな大都市部においてモバイルから固定通信へ今後移行する可能性が出てくると、一時消費者による5Gのユースケースは減少するとみられる。しかし、これは今後2020年末から2021年にかけて遅れを取り戻すべく、オペレーターが5G活用を急増させる動きにつながると予測される。

     他方で、中国における5G活用はどんどん進んでいる。新設病院ではかつてないネットワーク要件を満たすキーテクノロジーとして5Gがフルに導入されている。例えば、武漢の火神山医院にはたったの3日間で5Gネットワークが導入され、スタッフによるデータ収集、遠隔診断、リモートモニタリングを可能にした。その他タイの通信事業者AIS社は病院に5Gを提供し、ロボットによる患者ケアを開始した。

     超高速大容量、超低遅延という特徴を持つ5Gのテクノロジーが最も求められているのは、医療・公共安全サービス分野だ。てっとり早く実装が可能なのは、5GのFWA(固定無線アクセス)である。既存の病院のネットワーク機能を向上させることができるため、これからデータ収集と人工知能(AI)アルゴリズムを組み合わせて、遠隔診断や患者ケアに生かしたいと考える病院の新たな戦略にすぐに取り入れられる。また、ビジネス界でもCOVID-19の逆風に対抗するため、強力な武器として5Gの採用が今後加速すると予測される。特にeMBB(高度化したモバイルブロードバンド)はネットワークの仮想化・信頼性を促進するプラットフォームとして、今後利用が拡大すると予測される。
    While COVID-19 Slows Consumer 5G Deployment, 5G For Enterprise Gets a Boost

機内を1回10分、数ドルのコストで殺菌する紫外線装置

【プロダクト/サービス】

  • ・コラーゲンマトリクスを超音波刺激、アキレス腱の痛みが治る
  •  関節炎や腰痛の痛みを緩和するペインメディケーションが進化している。手術で体にメスを入れずに、何とか痛みをなくして治すことはできないものか。そんな願いをかなえる、新たな超音波デバイスが米食品医薬品局(FDA)に承認され、家庭での使用が可能になった。関節炎や軟組織の損傷の痛みを治療するこの処方医療機器の名前は「Sam」。米国のZetrOZ Systems社が開発した、家庭で使える長時間持続型超音波診断装置だ。

    「Sam」(出所:ZetrOZ Systems社プレスリリース)

     Samは損傷した部分の上に貼り、局所的な治療を行う機器だ。例えば、腱の損傷に用いると、コラーゲンマトリクスを刺激して、損傷した健の再生成を促す効果がある。その他にも、背中の痙攣、椎間板ヘルニア、腱鞘炎の痛みも取ってくれる。なるべく痛み止めを飲みたくないし、手術も嫌だという患者にとっても、手術を受けた後で治癒力を高めたいと願う患者にとっても、Samは効果的な選択肢だ。

     米国では6000万人が関節炎を、5000万人が腰痛を抱えているといわれる。Samは、神経を麻痺させるわけではない。損傷を受けた組織にダイレクトに働きかけ、炎症を抑えながら痛みの根本を治癒させる。薬剤や手術を受けなくても、痛みを治す新たな試みだ。Samを使った一般的な治療期間は、8~10週間。医師の処方を受ければ誰でも手軽に家で使うことができ、治療しながら日常生活を継続できる点が人気を呼びそうだ。
    Sustained Acoustic Medicine Device sam® Offers an Alternative Solution to Pain Medication and Surgery

  • ・航空機内を1回10分、数ドルのコストで殺菌する紫外線装置
  •  航空宇宙製品とサービスを提供する米Honeywell社と、航空機用殺菌装置を開発する米Dimer社が提携し、紫外線(UVC)殺菌装置を航空機に導入すると発表した。機内のあちこちに付着した特定のウイルスや細菌を激減させることが狙い。この装置の売りは、安価で迅速な消毒機能だ。中型から大型の航空機をまるごと1機、たったの10分足らずで消毒し、1回のフライトにつき数ドルのコストで済むという。

    「Honeywell UV Cabin」(出所:Honeywell社プレスリリース)

     殺菌装置の名前は、「Honeywell UV Cabin」。大きさはちょうど、航空機内の配膳カートと同じくらいで、通路を通過する時に長いアームが窓際のイスまで伸び、イスの表面を全体的に強力殺菌する。新型コロナで大打撃を受けた航空業界にとって、これからビジネス再開に当たり、効果的に、そして迅速に機内を清掃・殺菌する方法が模索されている。Honeywell社は、利用者が安心して空の旅を楽しもうという気持ちになるよう、様々なソリューションを開発中だ。

     UVCは医学的な研究において、SARSやMERSなどを含む様々なウイルスや細菌の数を激減させる効果があることが実証されている。病院や空気清浄機・浄水器、微生物研究所などでも利用されている医療レベルのUVC殺菌テクノロジーが、これから航空業界のスタンダードとなる。このポータブルなUVテクノロジー搭載装置は現在、複数の航空会社やサービスプロバイダーとの商談を進行中だ。注文の受付は開始したばかり。7月から順次配送される予定だ。
    Honeywell To Introduce Fast, Affordable Ultraviolet Cleaning System For Airplane Cabins

  • ・米国民の73%が指名する、人気の記憶力サポートサプリ
  •  米国の薬局情報誌『Pharmacy Times』が選ぶ、世界一の記憶力サポートブランドとして、「Prevagen」が今年も1位に輝いた。Prevagenは、最も優れた記憶力サポートサプリとして73%の人に選ばれた、トップ独走中の人気サプリだ。消費者が投稿するレコメンデーション(お薦めコメント)の数は毎月3倍ずつ増えている程の反響だそうだ。

     このサプリを開発したのは、米Quincy Bioscience社。高齢化に伴う認知機能低下をサポートする様々な新たなテクノロジーに焦点を当てた製品開発と商用化を行っている。バイスプレジデントのトム・ドボラク氏は「今回高い評価を受けたことは、非常に光栄だ。我々の製品の安全性と効果を、薬局が高く信頼してくれていることが分かった。また、脳の健康に高い関心を示す消費者が増えていることもうれしい」と述べた。
    Prevagen® Again Selected As #1 Pharmacist Recommended Memory Support Brand In 2020 Pharmacy Times Annual Survey

  • ・二の腕に装着するウエアラブルCGM(血糖値測定システム)
  •  2歳から利用できる、人生を変えるCGM(持続皮下血糖測定システム)と呼ばれる「Dexcom G6 CGMシステム」が、欧州CEマーキングを取得した。これから、欧州EU加盟国で製品が販売開始される。このウエアラブル血糖測定システムはお腹や、17歳以上であれば上臀部にも装着できるのだが、今回注目されるのは二の腕の後ろにも装着可能となった点だ。患者がより快適に生活を送れるようになる。

     CGMは、測定の難しい血糖値の変動を正確に、昼も夜も継続的に把握することで糖尿病治療の最適化を可能にする。Dexcom G6は極小のウエアラブルセンサーとトランスミッターを使用し、スマホに一定の間隔で継続的に血糖データを送信する。患者は毎回指先から血液を採取する必要がなくなり、負担が減る上、システムをカスタマイズして、血糖値が異常に低下・上昇した時にはアラートを送信するように設定することもできる。

     患者の使いやすさを重視し、Dexcom G6には10日間連続使用可能なセンサー、簡単に使えるアプリケーターを使用、また測定値を調整するための面倒なキャリブレーションも不要な設計だ。Dexcom CLARITYアプリを使用すれば、患者は血糖値の増減、HbA1c、グルコースの平均値、低血糖などを素早く管理できる。またDexcom Followアプリを使えばグルコースのデータを5人と共有でき、家族やサポートスタッフと協力ながら治療を行うことができる点も安心だ。
    Dexcom G6 Continuous Glucose Monitoring (CGM) System Receives CE Marking in Europe for Wear on Back of the Upper Arm

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)