今や外出時の必需品となったマスク。肌に優しい着け心地の良い素材や洗える素材のもの、ストラップレス、シリコン製の透明マスクなど様々なタイプが出現する中、ついにウイルスを不活性化させるテクノロジーを備えたマスクが登場しました。微生物の専門医学誌『Lancet Microbe』は、マスクの表面に付着した新型コロナウイルスがその後7日間感染力を保ち続けたという驚くべき事実を発表。今後はマスクにもウイルスと闘う攻めの機能が求められます。シンガポール発のサービスアパートメントを手掛ける企業は、ステイホーム対策として、家具だけでなく食料品も一式そろえる「在宅ワークパック」や、室内トレーニング器具をそろえた「おうちジムパック」など、新型コロナに伴い新たに出現したニーズに細やかに応えるサービスを開始しています。


以下では、2020年7月13〜17日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【プロダクト/サービス】【ビジネス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【プロダクト/サービス】

  • ・「攻めの守り」で新型コロナを撃退する殺菌マスク
  •  カナダのi3 BioMedical社が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)をやっつけてくれるマスクを開発した。トロント大学の研究チームが実験したところ、この「TRIOMEDアクティブマスク」の表面に新型コロナウイルスが触れると、数分で99%が不活性化することが分かった。TrioMed社の抗菌・抗ウイルステクノロジーは、マスクの他にも創傷被覆材や医療用テープ、手袋、帽子、ガウンなどの感染症対策用の個人防護具に使われており、グローバルに提供されている。

    「TRIOMEDアクティブマスク」(出所:i3 BioMedical社プレスリリース)

     米国の医学誌『American Journal of Infection Control』によると、人は1日に平均23回顔を触っているそうだ。さらに、微生物に関する専門医学誌『Lancet Microbe』は、新型コロナウイルスがマスクに付着した後、7日間感染力を保ち続けたという驚くべき事実を発表した。つまり、私たちを守るはずのマスクからウイルスに感染してしまう可能性も十分にあるため、マスクの取り扱いには注意が必要だ。

     i3BioMedical社の創立者兼CEOのピエール・ジャン・メッシア氏は「TRIOMEDアクティブマスクは、世界で初めて科学的に実証された殺菌マスクだ。当社が何年もかけて開発した独自の抗菌技術は世界中の医療機関で使用されており、様々な研究所でMRSA(メキシリン耐性黄色ブドウ球菌)やVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、大腸菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザウイルスの死滅効果も実証されている。今回SARS-CoV-2に対する殺ウイルス効果も確認され、「攻めの守り」でマスク界の守護神を目指す。使用期限は5年、自宅に一箱は常備しておきたいアイテムだ。
    University of Toronto Tests Confirm First Mask That Deactivates Coronavirus

  • ・サービスアパートメントビジネスのニューノーマルとは
  •  ウィズコロナ時代のサービスアパートメントビジネスはどう変わるか。サービスアパートメントとは、高級マンション等の物件品質を保証し、国際企業などに貸し出すという法人向けの空き部屋マッチングサービス事業だ。メインの顧客は、国際企業のエクスパット、長期出張者などの外国人。テクノロジーを活用する、シンガポール発のサービスアパートメント企業MetroResidences社が、顧客の安心と信頼を取り戻すべく開始した4つのサービスを見てみよう。

     一つ目は、気になる物件を360度ぐるっと見学できるオンラインバーチャルツアー。興味のある部屋が見つかったら、事前にオンラインツアーと個別相談会を予約し、物件や近所の環境を入念に下見できる。先月だけでバーチャルツアーの利用者は73%増えたという人気ぶりだ。二つ目は、返金サービス。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による不安定な状況下、急な状況の変化による顧客のストレスや不安に柔軟に対応できるよう、返金や部屋の交換のリクエストに素早く応える専用の顧客相談窓口を設置。顧客満足の充実に取り組む。

    除菌清掃の訓練を受けた清掃チームを全ての部屋のチェックアウト時に配備しCOVID-19防止に努める(出所:MetroResidences社プレスリリース)

     三つ目は、政府機関や医療専門家によって定められたクリーニングガイドラインに準拠していることを示す認定マーク「クリーンプラス」の取得。MetroResidence社は、除菌清掃の訓練を受けた清掃チームを全ての部屋のチェックアウト時に配備し、COVID-19防止に関する最新情報も常時発信する。四つ目は、ステイホーム対策。同社はもともと家具付きの部屋を提供しているが、追加備品として、食料品を一式準備するサービスを開始した。バスタやお米、調味料、乾物など、料理の必需品を一通り常備し、買い出しの心配が要らない。さらに「在宅ワークパック」を選択すると、部屋にウェブカメラ、パソコン台、マイクなどが設置される。体のメンテナンスを怠りたくない人には「おうちジムパック」があり、トレーニング器具やヨガマット、エクササイズバンド、ランニングマシンもそろえてくれるので安心だ。

     利用者が安全に、安心してニューノーマル(新しい生活様式)に順応するサポートのために、この4つのサービスで顧客のニーズに合わせたビジネススタイルを導入し、シェアリング・エコノミー市場を引っ張る。
    MetroResidences Introduces Safety and Recovery Initiatives to Restore Consumer Confidence

  • ・体の免疫力を向上して若返らせる「完璧な休眠」システム
  •  「完璧な休眠」を実現させるシステムがある。スペインのHOGO社が30年かけて開発した、寝ている間に免疫を向上させる休眠システムだ。体の酸化と炎症プロセスを遅らせることで、生物学的に若返ることのできる、世界で唯一のシステムだという。このシステムの中に入って眠ると、体の結合組織の疲労やけがが早く回復し、組織の質を向上させることができるとして、プロサッカー選手でアトレティコ・マドリードに所属するマルコス・ジョレンテ氏をはじめ、多くのエリートアスリートが試合と試合の間の休眠に利用しているそうだ。

     組み込まれている枕、寝心地を改善するマットレストッパー、毛布には体温調節機能が搭載されており、体温を最適に維持して休息を妨げる発汗や冷えを予防してくれる。マットレスに使われているココナッツ繊維がマイナスイオンを生成し、湿気を吸収する役割を果たす。さらに、この休眠システムは利用する人の体質に合わせて適応してくれるという。利用者は、事前にHOGOの専門家から調査を受け、身長や体重などを伝えることで、システムが柔軟に各人の人間工学に適合し、姿勢制御も行ってくれる。

     HOGOが健康に与える影響を調べるため、マドリード・コンプルテンセ大学とグラナダ大学の生理学チームは多数の科学的研究を実施。さらに精神神経免疫学研究会国際機関(PNIRS)も効果を承認し、休眠中に確実に健康を増進させてくれる休眠システムとして注目されている。価格は3万5000ユーロ(約427万円)と、少々高めだ。
    The HOGO Sleep System Aims to Provide the 'Perfect Rest'

  • ・薬の効かない「多剤耐性結核」を90分で診断する迅速分子検査
  •  怖いのは、新型コロナだけではない。体の中でジワジワ増殖する結核菌の罹患も、最近話題となっている。結核菌は、多剤耐性結核(MDR-TB)や広範囲薬剤耐性結核(XDR-TB)など、結核の治療薬に対して抵抗性がついてしまうことがあり、これを「耐性化」と呼ぶ。世界的に見て、多剤耐性結核は増加傾向にあり、致死率は41%だともいわれ、油断できない状況にある。

    「Xpert MTB/XDR検査」(出所:Cepheid社プレスリリース)

     そこで最近、米国の分子診断開発企業Cepheid社と、国際NPO法人The Foundation for Innovative New Diagnostics(FIND)が共同開発したのが「Xpert MTB/XDR検査」だ。この新たな「結核の迅速分子検査」は、薬剤に対する抵抗性を90分以内に検出できる。1つの患者のサンプルから複数の変異を検出し、医師が個々の患者に最も適切な治療を迅速に選択できるようになる。

     患者が薬剤に対して耐性を持っているかどうかを特定する従来の方法は非常に複雑であり、結果が出るまでに16週間もかかるため、実用的ではない。世界保健機構(WHO)は、薬剤耐性結核の迅速な分子検査と検出が、治療には不可欠な条件だとして推奨している。治療を可能な限り早く開始するには、迅速診断が必要であり、このプロセスが生死を大きく分ける。現在、この新たな迅速分子検査を使った研究が行われており、WHOが承認すれば、今年末からインドや中国など、結核罹患の多い国から利用が可能となる。
    New Rapid Molecular Test For Tuberculosis Can Simultaneously Detect Resistance To First- And Second-Line Drugs

自動消毒システムを搭載するインドのCOVID-19検査キオスク

【ビジネス】

  • ・コロナ後の医療業界は? 米国調査会社の注目分野ベスト5
  •  米国の調査会社Frost & Sullivan社が最新報告「パンデミック後のグローバルヘルスケア市場動向2020」を発表した。ざっと内容を見てみよう。まず、2020年がヘルスケア業界にとって忘れがたい、変革の年となることは間違いない。市場全体で見ると、2020年は去年の5.3%の成長率から0.6%へと下がる予測だ。特に打撃を受けるのが、医療デバイスと画像処理デバイスの分野で、機器の調達の遅延が収益にマイナスの影響を与える見通しだ。

     一方で、テレヘルスが従来の治療スタイルに変革を起こし、アナリティクスやインターオペラビリティー(相互運用性)の分野でデジタルヘルスは2020年の年成長率が7.9%となる予測。特にサウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、インドではパンデミックの間にテレヘルス市場は200%という目覚ましい成長を遂げた。

     短期的にはワクチン開発競争が激化し、各政府が医療予算を再配分し、免疫パスポート、大規模な予防接種、接触確認ツールなどに力を注ぐ。長期的には、大手ヘルスケアIT企業がパンデミックや患者数の予測分析、服薬管理、被保険者の福利厚生の推進などにAI(人工知能)プラットフォームを活用する動きが高まると予想される。

     Frost & Sullivanが特に注目するのは次の5つのエリアだ。(1)オンライン診療、(2)AIを活用した医療ワークフローの自動化システム、(3)在宅治療用のリモート監視システム、(4)健康診断や抗体検査(IVD)の新しい検査法、そして(5)バーチャル臨床試験だ。2020年は世界で実施される臨床試験の33%が中止され、それによって新製品の収益として見込まれていた30億ドルが回収できないリスクがあるという。ヘルスケア業界が大きな分岐点をいかに乗り切るか、各企業の手腕が問われる。
    Frost & Sullivan Reveals Top Five Predictions for the Global Healthcare Industry Post COVID-19

  • ・自動消毒システム搭載、インドのCOVID-19検査キオスク
  •  インドのLam Research社のボランティア13人が、地元の医師5人と協力して新型コロナウイルスの検体を収集する「検査キオスク」を作った。ヒンズー語で「安全や保護」という意味を表す「スラクシャ」と名付けられた検査キオスクを使用すれば、医療スタッフは全身防護服を着用しなくても、患者との間に物理的なシールドを設けることで感染を防ぐことができる。

    COVID-19検査キオスク(出所:Lam Research社プレスリリース)

     新型コロナウイルス検査を行う上で、検査を実施する医療スタッフの感染防護具(PPE)の不足問題が挙げられる。Lam Research社が無償で製作した「スラクシャ」は、感染症の広がりを防止する効果が高いとしてインドのDepartment of Medical Educationの目に留まり、全国に広げられないかとの要請を受けた。そこでLam Research社は、CSR活動の一環としてスクラシャ増産のための資金を提供。1台のスクラシャだけで、1日平均200人の検査を行うことが可能だ。検査キオスク内の作業空間は加圧、空気清浄され、三面でサンプリングを行えるように設計。自動化された消毒システムと検体収集手袋が装備され、患者と医療スタッフの安全を確保する。ビルトイン消毒システムがあるおかげで、検体収集作業をスタッフ1人で完結することができる。

     Lam Research社は、経済的に弱い立場にある学生に対しSTEM教育を提供するなど、より良いインフラと経済的支援を提供すべく非政府組織(NGO)や学校と密接に連携する。新型コロナウイルスの影響をダイレクトに受けやすい人々を守るべく、地域社会と協力しながら難局を乗り越えるための貢献を続ける。
    Lam Research India Donates Funds to Address Local PPE Kit Shortage

  • ・200万人のバイヤーが訪れるオンラインビジネス展示会
  •  Global Sources社が、7月29日から8月9日まで、第1回グローバルソース・オンラインショー(GSOS)を開催する。このショーには世界中から約200万人以上のバイヤーがオンラインで参加予定だ。ショーは24時間体制で2週間開催され、約900社のサプライヤーと商談する場を提供する。

    第1回グローバルソース・オンラインショー(GSOS)(出所:Global Sources社プレスリリース)

     新型コロナの影響で、各国がロックダウンや渡航規制をしており、従来の商談スタイルが滞ってしまっている。そこで、Global Sources社はオフラインからオンラインへと移行し、今回初となるオンラインショーを実施することにした。世界中のバイヤーたちが、一流のサプライヤーのパビリオンを訪れたり、動画を視聴したりしながら、オンラインチャットでリアルタイムに対話をし、3つのセッションに参加して、最新情報を入手し、欲しい製品を見つけることができる。

     3つのセッションとはそれぞれ、医療・ヘルスケア部門、在宅・オンライン教育部門、ホームハードウェア部門だ。Global Sources社のCEOヒュー・ウェイ氏は「当社の50年にわたる展示会に関する知見を活用し、今回新型コロナのパンデミックのよって生まれた新たな優先事項の中から、特に需要の高い製品カテゴリーに焦点を当て、新しいスタイルのオンラインショーを開催する。バイヤーとサプライヤーに、ユニークなオンラインコミュニケーション体験と、市場の最新情報を提供したい」と述べた。
    The first Global Sources Online Show kicks off on July 29

「高気圧酸素治療」で脳機能・認知能力アップ

【要素技術】

  • ・「がんの温度計」46カ国語に翻訳、患者の心に寄り添う
  •  米国のがんセンターを統括する全米総合がんセンターネットワーク(NCCN)が、「がんの温度計」として使用できるチェックシートを46カ国語に翻訳し、無料公開する。医療スタッフがこのチェックシートを元に、がん患者が直面する様々な悩みや苦痛を計測して見える化することで理解を深め、患者に寄り添う手助けとなる。

    「がんの温度計」として使用できるチェックシート(出所:NCCNプレスリリース)

     NCCNが定義する「苦難」とは、精神的、身体的、社会的、または感覚的に感じる苦痛が、その人の考え方や受け取り方、行動面に与える影響を指す。がんの闘病中、精神的な苦難を感じることが病気の症状や治療をより困難にしてしまうことがある。NCCNのがんの温度計を使用すると、心理的な問題を医師に話しやすくなり、患者1人ひとりに目が向けやすくなるという利点がある。 NCCNのCEOロバート・W・カールソン医学博士は「がん治療に苦難が伴わないわけがない。このシートを使って患者が、苦しい状況にどれほどうまく耐えられているか、もしくは助けを必要としているかを医師に分かりやすく示すことができる」と語る。評価スコアを用い、例えばスコアが4以上になった患者は、検査や介入が必要だという指標となる。評価シートでストレス要因との関連付けをし、家族、精神状態、宗教関連、身体的な問題などに要因を分類して、問題解決を探る足掛かりとする。

     治療中に患者の精神的な苦痛を正しく把握して緩和することは、体の痛みを取り除くことと同じくらい重要である。特にがん患者は不安やうつ症状に陥りやすい状態にあり、精神状態が治療の回復や生活の質の向上を大きく左右する。がんの温度計のような視覚化ツールを使ったアプローチで、病気が精神に与える影響を客観的に管理し、サポートすることが大切だ。
    Translated Tool from NCCN Measures Mental Health "Temperature" of People with Cancer

  • ・「高気圧酸素治療」で脳機能・認知能力アップ
  •  脳の機能を改善し、認知能力を向上したい人へ朗報。脳の働きを良くする新たな治療法「高気圧酸素治療(HBOT)」に関する研究が発表された。イスラエルのシャミール医療センターのサゴル高気圧医療研究センターとテルアビブ大学が、初めて人に対して行った高気圧酸素治療の臨床試験で、高齢者の認知能力を大きく改善することが実証された。

     臨床試験は、サゴルセンターが10年間かけて開発したHBOT療法を用い、64歳以上の健康な被検者63人を二つのグループに分けて実施された。コンピューターを使った認知機能検査と、最先端の磁気共鳴イメージング技術を使った脳血流検査で評価をしたところ、HBOT治療を取り入れたグループは、集中力、情報処理能力、実行能力をはじめとする全体的な認知機能の改善が認められた。これらは、どれも年齢とともに自然に衰える機能だ。また、特定の脳部位における認知力と、脳の血流の促進との間に、明らかな相関関係があることも分かった。

     HBOT治療を受ける患者は、通常の2倍の空気圧に高めた加圧室に入り、普通に空気を吸うだけ。これにより、全身を流れる血液中の酸素溶解度が高まる。体の中に増加した酸素は治癒を促進する成長因子や幹細胞を放出するため、現在は創傷治療に多く用いられている療法だ。HBOTが脳の血流を増加させて認知機能の改善に役立つことが実証され、次は他の臓器の老化抑制効果に着目した研究も開始される。
    New Study Finds Novel Hyperbaric Oxygen Therapy Protocol Can Improve Cognitive Function of Healthy Older Adults

  • ・慢性心不全患者の在宅ケアにクラシック音楽が効く
  •  日々の生活の中で、ふと耳にした音楽に心を揺さぶられた経験がある人は多いと聞く。音楽には慢性心不全患者の生活の質を向上させる効果があることが、米国の医学誌『Journal of Cardiac Failure』に発表された。イタリアの4つの心血管研究機関で行われた研究で、159人の慢性心不全患者が2つのグループに分かれ、1つのグループは家で通常の治療に加えて3カ月間毎日、クラシック音楽を30分聴き、もう一方のグループは通常の治療のみで音楽は聴かずに、違いを比べた。

     その結果、音楽を聴いたグループは生活の質、睡眠、不安やうつ症状、認知機能の全てが向上した。研究を実施したイタリアのサッサリ大学病院のフランセスコ・ブライ博士は「良質な在宅治療に、クラシック音楽を聴くという侵襲性の全くない、安価で手軽な方法を取り入れることで、患者の生活の質を向上させることができることが分かった。今後、音楽療法が、運動による心臓への負荷の耐性力をアップし、酸素消費などの体の機能向上や、うっ血の緩和などにどのように作用するかを、臨床試験やバイオマーカー(生体組織の検査)で検証することが重要だ」と述べた。

     米国立衛生研究所は、ソプラノ歌手のレネ・フレミング氏と共同で「サウンドヘルス(音楽療法)」と呼ばれる音楽をベースとした医療への取り組みを支援している。クラシック音楽を聴くと、患者の呼吸が長く、深くなり、ストレスレベルが改善するなど、体への効能が研究で注目されている。音楽の種類や、聞く時間がどのように体へ作用するかなど、音楽が心臓に及ぼす生理学的・生物学的効果を調べる研究は続く。
    Listening to Recorded Classical Music Shown to Improve Quality of Life in Patients with Heart Failure

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)