新型コロナの影響で様々な制約を強いられる中、健康とウエルネスに、デザインや機能性を掛け合わせることでより充実したライフスタイルを楽しみたいというニーズが高まっています。今週はそんなニーズに応える新製品を3つピックアップしました。1つ目は、宇宙飛行士気分を味わえる、ニューヨーク発のヘルメット型透明マスク。夏場は、熱中症の原因ともなる従来のマスクが、未来の形状へと進化を遂げました。街中で着けると最初はギョッとされるかもしれませんが、新しさ、機能性という点で抜きん出ていると感じます。少しかさばるのが難点でしょうか。2つ目は中国の、おしゃれすぎる超薄型ウエアラブルスマートウオッチ。機能性やデザインを洗練の極みに到達させるための、飽くなき職人魂を感じる製品です。3つ目は、ドアノブやタッチスクリーンなどを直接触らずに操作できる、高力アルミ二ウム合金を使ったマルチツール。様々なタイプのドアノブにフィットし、タブレットや銀行のATM(現金自動預け払い機)のボタンにも対応するため、接触感染の経路を遮断できます。


以下では、2020年8月17〜22日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【プロダクト/サービス】【ビジネス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【プロダクト/サービス】

  • ・宇宙飛行士みたいな次世代型透明ヘルメットマスク
  •  従来のマスクの常識を刷新する新製品が登場した。ニューヨーク発のスタートアップ企業Covidisor社が、顔を覆う暑苦しいマスクを着けなくてもN95レベル以上の呼吸器保護を実現する「パワフル空気清浄呼吸用保護具(PAPR)」を開発。多くのPAPRが正圧を使用して装着者のみを保護するのに対し、Covidisor社の製品は負圧を使用し、吸う息と吐く息の両方をろ過することで、装着者と周囲の人の両方を保護する点が新しい。

    換気機能も付くヘルメット型マスク(出所:Covidisor社プレスリリース)

     この画期的なヘルメット型マスクの他の特徴も見てみると、超軽量で装着も快適、着脱簡単、透明で顔認証も可能などの点が挙げられる。頭の後ろに設置されたファンが前面のフィルターの換気を促す設計だ。フィルターはN95またはP100レベルで、一般的な医療用マスク以上にウイルス感染を予防する効果が高い。学校や大学向けには、割引料金の245ドル(約2万6000円)で販売中だ。
    Covidisor Announces Transparent Full Head Protection for Settings with Limited Physical Distancing

  • ・超薄型ウエアラブルで睡眠・ストレス・運動を24時間管理
  •  2020年の最重要課題は、「健康とウエルネス」で間違いない。中国Zepp社の、健康をデジタル管理するウエアラブルデバイス「ZeppEシリーズ」のおしゃれな新商品ラインアップを紹介する。AI(人工知能)と最先端テクノロジーを融合した、スタイリッシュで高性能なバイタルヘルスソリューションの提案だ。今から遡ること10年前、Zepp社は個人の運動データをモニタリング・分析するウエアラブルセンサーデバイスの発売を開始し、北米のトレーニング市場に旋風を巻き起こした。そして2020年、Zeppは洗練されたデザインと使い心地でさらに進化した姿を見せた。忙しい日々を効率的に過ごしたいと願う、スタイルにこだわる現代人のための、より高度な健康管理ツールとして登場した。

    ZeppEシリーズ(出所:Zepp社プレスリリース)

     ZeppEシリーズの特徴を見てみよう。

    (1)睡眠と血中酸素飽和度のモニタリングで睡眠の質と呼吸を測定
    (2)心拍数センサーで24時間ストレスをモニタリング
    (3)漆黒の3D縁なしガラスディスプレーとステンレススチールを掛け合わせた、薄さ9mmのスタイリッシュで超薄型のフォルム
    (4)ストラップは各色選べ、素材はメタル、皮、フッ素ゴムと様々な場面に合わせて使用できるよう用意
    (5)バッテリーは1回の充電で最大7日間使用可能。強力防水加工で水中でも使用可能
    (6)ウオーキング、ランニング、自転車、プールなどの運動時には、各人固有のゴールを設定し、運動量やカロリー消費量を計測。座りっぱなしが続くと、立ち上がって体を動かすようにリマインダーを通知してくれる
    (7)スマホと同期すると、メールや電話の通知、天気予報も確認できる。スマホで聞いている音楽を、ZeppEで早送りなど操作できる

     ZeppEシリーズは8月25日、米国において249ドル(約2万6300円)で発売を開始する。
    Zepp Unveils Zepp E, A New Stylish Line-Up of Wearables Designed with Wellness in Mind

  • ・お出かけカバンに入れて持ち歩きたい抗菌マルチツール
  •  パンデミックライフを快適に送るための便利なマルチツール「LINC」を紹介する。触らずにドアを開けたりボタンを押したりスクリーンをタッチしたりでき、公共の場所における感染経路を気にせずに人々の安全な移動を確保する、シンプルかつ画期的なツールだ。カバンの中にマスクと一緒にポンと入れて、毎日持ち歩きたい。米国の調査によると、28%が外出の際に感染防止手袋を装着する、と回答するほど、ウイルスに対する危機意識は依然高い状況にある。

    抗菌マルチツール(出所:LINCプレスリリース)

     LINCの特徴は、多目的に使用できるデザインだ。様々なタイプのドアノブにフィットし、タブレットや銀行のATM(現金自動預け払い機)のボタンにも対応する。素材には航空機用の高力アルミ二ウム合金を使用、125lbs(ポンド)の重さまで運ぶことができるため、例えば、重たい買い物カゴやゴミ捨て場のフタの開閉など、様々に活用可能だ。また、100%抗菌性を発揮するよう、メカニカルマイクロポリマーを本体にコーティング、さらにゴムに抗菌剤を添加し、銅と同様の高い抗菌性を実現した。1人1個、ニューノーマル時代の必需品となりそうだ。
    LINC, the New Antimicrobial Everyday Carry Tool Set to Launch on Kickstarter

  • ・1500種類以上の病気から症状別に自己診断できるiOSアプリ
  •  何となく体調がすぐれないが、なんの病気か分からない。そんなときは、アプリで病気を診断しよう。米国有数のモバイル・ウェブアプリ開発会社SIMpalm社が、医師とコラボし「DDxProアプリ」をローンチした。このアプリを使うと、症状別に病気の診断ができる。医学的な診断、検査、症状に基づき、医療スタッフや家族、患者自身が病気の情報を見つけやすくする、画期的な医療アプリだ。

    「DDxProアプリ」(出所:SIMpalm社プレスリリース)

     病院の診断結果を見ても、実際どのような病気によって引き起こされているか分からなかったり、グーグル検索しても、無数の可能性が提示されて混乱したりした経験はないだろうか。そんな悩みは、もう不要だ。iOSアプリのDDxProを使えば、症状や診断、検査結果に基づいて病気を特定することができる。アプリは使いやすいデザインで、1500種類以上の病気に関する情報にアクセス可能だ。オフラインでも使用できる点も便利。アプリは今後新バージョンをリリース予定で、追加機能がどんどん増えるそうだ。
    Now Use a Mobile Health App to Find Out the Disease Based Upon Your Symptoms.