新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、感染源・感染経路の遮断に役立つ新製品・サービスが続々登場しています。1つは、水洗のボタンやレバーに一切触れることなく用を足せるハンズフリー・トイレ。電気の代わりに空気圧を使用するため、AC電源への接続を心配する必要もありません。もう1つは、台湾企業が提供する、新型コロナウイルスを3秒で99.8%紫外線(UV)殺菌する軽量モバイル殺菌スティック。家の中でも外出先でも気になった時にサッと取り出して、身の回りや道具などを除菌できる、便利な器具です。3つ目は、オープンエアー・バーチャル・リゾート結婚式。コロナ渦で、結婚式の延期や縮小が続く中、米国のウェディングプランニング会社は、ストレスフリーで、参列できない親族や友人もリアルタイムにお祝いできる、カリブ海の新リゾート結婚式プランを提案します。


以下では、2020年8月31日~9月4日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【プロダクト/サービス】【ビジネス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【プロダクト/サービス】

  • ・清潔を極める、コロナ時代の世界のトイレテック
  •  不衛生な公衆トイレが、健康への脅威となっている。インドネシア政府はいち早くこれに気づき、公衆トイレの品質向上に乗り出しているそうだ。適切な換気システムや頻繁な清掃ももちろん大事だが、シンガポールのGeberit社は世の中の多くのニーズに応えるため、さらにその上をいくハンズフリー・ソリューションを提供する。空気圧式のフット洗浄スイッチと、タッチレス洗浄センサーだ。これらツールは受賞歴もあり、衛生面と美観をスマートにアップグレードしてくれる洗練されたデザインが美しい。

    ハンズフリー・トイレソリューション(出所:Geberit社プレスリリース)

     実は便座や便器は消毒剤で常に掃除されているため、最も汚いポイントではない。要注意なのが、水洗ボタンや洗浄レバーの方だ。ここに細菌やウイルスが付着している可能性が高い。また、トイレの水を流すと1.8m圏内に付着するエアロゾルを噴射するため、洗浄ボタンに蓄積している可能性もある。Geberit社のフット洗浄スイッチは、トイレから3mまで離して設置でき、感染予防に効果的だ。既存のトイレにも取り付け可能な上、Geberit自慢の壁掛け式トイレでも使用できる。電気の代わりに空気圧を使用するため、AC電源への接続を心配する必要もない。衛生的であることが最もスタイリッシュ。コロナ渦でトイレテックが加速する。
    Safer public toilets: A simple upgrade by Geberit makes all the difference

  • ・コロナウイルスを3秒で死滅させる軽量モバイル殺菌スティック
  •  台湾の自動車分野のIoV(Internet of Vehicles)カンパニーであるAtrack Technology社が、軽量モバイル殺菌スティック「UVengers UV1」を発売する。新型コロナウイルスパンデミックの中、またパンデミック収束後も、身の回りに病原体を寄せ付けない軽量モバイル殺菌スティックだ。UVengersシリーズの第1号製品「UV1」は日本のUV-C LEDメーカーである旭化成の高UV出力LEDを搭載しており、9月に先行発売の予定だ。UV-C LEDは60mWのUV出力を備え、病原体に対して最高の除菌効果を発揮する波長265nmのUV光を放射する。台湾の長庚大学が行った研究では、UV1を使用すると新型コロナウイルスの99.8%を3秒で死滅させることが実証されている。

     UV1は市販の殺菌装置の中で新型コロナウイルスを除菌できる数少ない製品の1つ。利用者は、好きな時に好きな頻度で自分の周囲や良く使う身の回りの道具などを消毒し、外部からのウイルスの侵入を防ぎ、病原体を減らすことで、感染リスクを大幅に下げることができる。世界的なパンデミックが続く中、Atrack Technology社は今後も様々な場面で使用できる新たな疾病予防製品を発売し、病原体対策における人々のニーズに応え、より安全で健康的な環境づくりに貢献する。
    ATrack's UVengers UV1 verified by Chang Gung University to kill 99.8% of SARS-CoV-2 in 3 seconds

  • ・脳の吐き気信号を調節するウエアラブルリストバンド
  •  車酔いや船酔い、悪阻の気持ち悪さほどつらいものはない。そんな不快な吐き気や嘔吐を治すウエアラブルリストバンドがある。米国WAT Medical社の「EmeTerm」だ。手首に巻くだけで本当に吐き気は治まるのか。

    「EmeTerm」(出所:WAT Medical社プレスリリース)

     仕組みを簡単に見てみよう。まず、電極パッド内蔵のリストバンドを手首にはめると、手首の正中神経を介して信号が体に送られる。この信号は、体の神経系を通り、不規則に胃を刺激して嘔吐を引き起こす脳の部位へ送られる。ここにゆっくりとした振動を送って胃に行き来する迷走神経信号を調節し、脳から吐き気信号が送信されるのを防ぎ、患者の気持ち悪さを緩和するという仕組みだ。まさに、「精密」「ウエアラブル」「スマート」な医療テクノロジー。EmeTermは既に、米国(FDA)や欧州(CE)、カナダ(HC)、オーストラリア(TGA)、中国(CFDA)の各国規制当局、イスラエル政府に承認され、30カ国以上で販売されている。WAT Medical社は、このEmeTermのAmazonの売上の一部を、米M.D.アンダーソンがんセンターへ寄付し、グローバルながん研究費に当てている。
    WAT Medical Enterprise Contributes to M.D. Anderson Cancer Center