プロサイクリング選手用のフィットネスウエアラブル

【ビジネス】

  • ・オープンエアー・バーチャル・リゾート結婚式
  •  バーチャルなウェディングプランニングツールや、結婚式のライブストリーミングなど、今時の結婚式事情を探る。グローバルなウェディングプランニング企業であるThe Knot社による最近の調査では、婚約しているカップルの80%が最新の米疾病対策センター(CDC)によって発表されるガイドラインの動向を見守りつつ、ウェディングプランの変更を検討しているという。式を延期したり、招待客の数を縮小したりするカップルも多く、パンデミック中の結婚式をいかに「ストレスフリー」で「リアルタイム」なものにできるか、様々なソリューションが模索されている。米国のウェディングプランニング会社Sandals Resort社が提供するサービスを見てみよう。

    オープンエアーの水上チャペル(出所:Sandals Resort社プレスリリース)

     Sandals Resort社がお薦めするのは、カリブ海にある18カ所のリゾート地で挙げる結婚式だ。感染予防を第一に掲げるオープンエアーの水上チャペルでは、1組につき8人まで家族や友人を招待することが可能なプランや、CDCが定める50人以下に人数を制限する、オーシャンフロントのデッキで祝うプラン等が用意されている。2020年9月15日~12月31日までに式を予約したカップルには、今だけ、式のリアルタイムライブ配信サービスが無料で提供されるチャンスだ。家族や友人が、指輪を交換する貴重な瞬間にバーチャルに立ち会えるのはうれしい。

     一生に一度の重要な式の舞台となるリゾート地を事前に下見できる、360度のデジタルオンラインツアーや、会場の装飾デザインやヘアアレンジ、メイクなども、デジタルツールを使って、コーディネーターと綿密に準備を進めることができる。式と新婚旅行をドッキングしたオープンエアー・バーチャル・コロナ婚。時代が求める厳しい要件に沿いながら、工夫を凝らして二人三脚でようやく迎える晴れの日は、きっと忘れられない思い出となるだろう。
    Sandals Resorts Provides "Virtually Perfect" Solutions For Destination Wedding Couples

  • ・プロサイクリング界でも24時間バイオメトリクス計測
  •  米国のヒューマンパフォーマンスカンパニーWHOOP社が、米国ワールドツアーチーム「EFプロサイクリング」とパートナーシップを組み、自社開発のウエアラブルモニタリングデバイス「WHOOP」を公式なフィットネスウエアラブルとして、全てのプロサイクリング選手とチームスタッフに提供することとなった。サイクリングは、データ管理が非常に重要なプロスポーツだ。心拍変動や安静時心拍数、呼吸数、睡眠時の体の状態など、選手のバイオメトリクスを計測することで、パフォーマンスを大きく改善できる。

    「WHOOP」(出所:WHOOP社プレスリリース)

     既に、サイクリング中のデータ取得はプロ界での常識だ。だが、これからは、自転車から降りた後から寝ている間の時間の筋肉の回復、運動後のダメージ、睡眠中も含めた、24時間の体調変化を数値で計測できるようになる。EFプロサイクリング選手の二―ルソン・パウレス氏は「Tour de Franceのようなステージレースでは、体の回復力が全て。WHOOPのデータを活用して睡眠の質を改善することができたおかげで、レースのパフォーマンスが上がった」と語る。ウエアラブルテクノロジーがアスリートたちの可能性を大きく広げる。
    WHOOP Named Official Fitness Wearable of EF Pro Cycling

  • ・ハンズフリーのヘルスアシスタントツール、ネット販売強化
  •  2019年のデジタルイノベーター賞を受賞した「WellBe」は、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)に準拠した、音声対応のバーチャルヘルスアシスタントプラットフォームだ。このたび、大手オンラインサイトNewegg.comで販売を開始することになった。世界をリードするテックマーケットプレイスであるNeweggの月間訪問者数は4500万人であり、一気に消費者へのリーチを拡大するのが狙い。

    「WellBe」(出所:HandsFree Health社プレスリリース)

     WellBeはMicrosoftのAI(人工知能)テクノロジーを使用し、ハンズフリーのヘルスアシスタントサービスを提供する。薬を飲むタイミングや診察予約時間に通知を送信し、日々の健康管理、近隣の医療施設の検索などを、スマートスピーカーからハンズフリーでできる。4Gの緊急アラートスマートウオッチと同期することも可能だ。WellBeを開発したのは、米HandsFree Health社。同社は、音声技術の世界的リーダーが集う2020年VOICEグローバルサミットでも紹介され、創立者はPM360ELITE winner賞(ELITE:際立つ、リーダー、イノベーター、トランスフォーマー、起業家の略)を受賞、ヘルスケア業界の最も影響力の高い100人にも選ばれている。新型コロナにより家で過ごす時間が増え、在宅テクノロジーソリューションの需要が高まるこのまたとないタイミングに、WellBeがeコマースで勝負に出る。
    HandsFree Health's WellBe Virtual Assistant Available On Newegg.com's Tech-Focused Retail Platform